ディック・ヨーク
(Dick York:シーズン1〜5)1928〜1992→IMDb

  本名:Richard Allen York
生年月日:1928年9月4日
 出身地:アメリカ、インディアナ州フォートウェイン
  身長:6' 1"(185.4cm)
没年月日:1992年2月20日、アメリカミシガン州グランドラピッズ(肺気腫)


ジーン・ケリーと共演した『聖書への反逆』でシリアスな役を演じきり有名になった。
その他の主な出演作は『ローハイド』『幌馬車隊』『ヒッチコック劇場』など。一番よく知られたのは『奥さまは魔女』の初代ダーリン役としてだったが、1969年には背中の持病のためにこのシリーズを離れることになる。彼が最初に背中を痛めたのは、1959年の映画"They Came to Cordura"の撮影中だった。土地の投資に失敗した彼は貯蓄もなく金に困っていたが、持病の為に仕事も思うようにならず、結局1986年にハリウッドを離れミシガンへ移ることになる。60歳の時、ホームレス救済の為の私設の基金 "Acting for Life" を設立し、変形性脊椎症のためにほとんど寝たきり状態だった自宅からその管理を行う。1日に3箱もタバコを吸うヘビースモーカーだった彼は肺気腫を患い、1992年2月20日、ミシガン州グランドラピッズで亡くなった。


ディック・サージェント
(Dick Sargent:シーズン6〜8)1930〜1994→IMDb

  本名:Richard Cox
生年月日:1930年4月19日
 出身地:アメリカ、カリフォルニア州カーメル
  身長:6' 2"(188cm)
没年月日:1994年7月8日、アメリカ、ロサンゼルス(前立腺癌)


元々最初にダーリン役のオファーを受けていたが、他の番組との契約の関係で出演が叶わなかった。その後ディック・ヨークが降板を余儀なくされ、代わりの俳優が探された時に再び彼にオファーが行き、ダーリン役を演じることになる。『奥さまは魔女』で二代目ダーリンの役を得るまでは、映画で数多く、内気なサラリーマン役を演じてきた。ゲイだった彼は、TVで仕事をするために長年そのことを隠しており、躁鬱病に悩まされていたそう。1978年、20年間連れ添ったパートナーが亡くなり、その悲しみを紛らすように仕事に没頭する。しかし1991年にゲイと報道されたため、思案の末、ナショナル・カミングアウト・デイに公表した。その後はゲイの俳優の象徴になろうと努め、自分の経験を話すことを使命のように感じて活動を続ける。1992年にロサンゼルスで行われたゲイのパレードではその主役に選ばれ、エリザベス・モンゴメリーも参加した。1994年7月8日、59歳の時に診断された前立腺癌が転移し、アメリカ、ロサンゼルスで亡くなった。

All the images are property of their respective owners.

BEWITCHED top-page

▲HOME