アグネス・ムーアヘッド
(Agnes Moorehead)1900〜1974→IMDb

  本名:Agnes Robertson Moorehead
生年月日:1900年12月6日
 出身地:アメリカ、マサチューセッツ州クリントン
没年月日:1974年4月30日、アメリカ、ミネソタ州、ローチェスター(癌)


父親はウィスコンシンの長老教会の牧師であったDr.John Moorehead。
宇宙飛行士ジョン・グレンを輩出したオハイオのマスキンガム大学に通い、ウィスコンシン大学で大学院の課程をとった。
ニューヨークの演劇学校に入った時には、Rosalind Russellと一緒に学ぶ。
高い教育を受けた彼女は、高校でスピーチと演劇を数年間教えていた。
彼女が指導したスピーチのチームは、数々のコンテストで優勝したという。
1930年代にラジオドラマの仕事を始め、1938年までオーソン・ウェルズの劇団“マーキュリー・シアター”に参加。
後に彼の誘いでハリウッドへ進出し、「市民ケーン」で主人公の母親を演じる。
ハリウッド史上に残る映画に出演し、アカデミー賞に4回ノミネートされた大物女優。
ニューヨークのデパートで偶然モンゴメリーと会い、「奥さまは魔女」のエンドラ役の打診を受けた。
その時の返答のしかたがまさしくエンドラにぴったりだ、とモンゴメリーは思ったとか。
しかしムーアヘッド自身はそう思わず、出演を決めた後も、この番組が成功するとは思っていたなかったそう。
2度結婚して2回とも離婚。彼女のリムジンが、ロサンゼルスのピーターソン自動車博物館に展示されている。
紫色が大好きで、友人は彼女を"The Lavender Lady"と呼んだそう。
彼女が出演した映画"The Conquerer"は1954年にネバダ砂漠で撮影されたが、彼女を含め多くの出演者がガンで亡くなっており、それは撮影した場所が政府が核実験を行った場所と近かった為ではないかと言われている。

All the images are property of their respective owners.

BEWITCHED top-page

▲HOME