デボラがライバル
Deborah, the Rival

制作:1997年日本(青春コメディ)
原作:多田かおる『さびしがりやのデボラ』(コミック)
監督:松浦雅子
出演:吉川ひなの
   谷原章介
   松岡俊介
   篠原ともえ
   長谷川理恵

→IMDb


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■大学のアメフト部キャプテン・五十嵐に憧れる朝代は、彼と同じ大学に進学。そこのチアリーディング部に入り、なんとか五十嵐と親しくなろうと頑張っている。そんな彼女が一人暮らしを始めようと引っ越したアパートの隣室には、同じ大学に通う市松梅之介が住んでいた。市松は自他共に認めるアメフト部の花形選手だが、それと同時に大学で一番の有名人。“デボラ”と呼ばれる彼は、実はオカマだった…。

★アメフトの花形選手に憧れる女の子と、彼女の隣室に住むオカマが繰り広げる恋の行方を描いた青春コメディ。

原作が大好きなだけに、原作の良さを全て台無しにするような配役とストーリーにがっかり。唯一良かったと思えるのはデボラ役の谷原章介の演技だけど、それも監督の意向なのか、原作より品がない感じで非情に残念。

そもそも『デボラ』シリーズはコミックでも4冊しか出ていないし、1話ずつ単独のお話としてまとまっているので、原作そのままに作ってもちゃんとした作品になるはず。なのに、肝心のデボラのキャラまで不必要な変更を加えているので、『デボラ』シリーズの映画化とはとても思えない。

加えて、朝代を演じた吉川ひなのがまるで中学生のようで、完璧に全体の質を下げている。(彼女が歌うエンディング曲も然り) 手を加えて原作より面白くなるならいざ知らず、どうしてこんな作品にしてしまうのか全く理解できなかった。(2007.3.23)

All the images are property of their respective owners.

CINEMA top-page

▲HOME