デンジャラス・ビューティー2
Miss Congeniality2:Armed & Fabulous
★★★

制作:2005年アメリカ(アクション・コメディ)
監督:ジョン・パスキン
出演:サンドラ・ブロック
   レジーナ・キング
   エリザベス・ローム

→IMDb


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■ミス・アメリカ・コンテストに潜入し、爆破事件を見事解決したFBI捜査官のグレイシー。それから3週間、再び元の捜査官に戻ったものの、全国的に顔が知れ渡ったせいで、潜入捜査に支障をきたすようになっていた。そんな彼女に上司は“FBIの顔”としてPR活動を担当するよう命令。初めは嫌がっていたグレイシーだったが、付き合い始めたばかりの恋人エリックに振られたことでヤケになり、その命令を受け入れた。それから10ヶ月。専門家のサポートで見違えるようなセレブに変身し、テレビ出演や自伝本出版で忙しい毎日を過ごしている彼女の元に、親友のミス・アメリカが誘拐されたという情報が入る。いてもたってもいられなくなったグレイシーは、上司に隠れて独自に調査を開始する…。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

★華々しい活躍で超有名人になってしまったため潜入捜査から外されてしまった女性FBI捜査官が、再び事件に巻き込まれ奮闘する姿を描いたポリス・アクション・コメディ。

前作から3週間後の設定で始まるこの続編。冒頭ではグレイシーがすっかりオヤジな女性に逆戻りし、『1』と同じく“マイ・フェア・レディ”な展開が待っているのかと思いきや、あっという間にセレブ・グレイシーの出来上がり。外見だけに留まらず、話し方から歩き方まですっかり優雅な女性になっている点で、嫌々コンテストに出ていた時とは違う。

続編ということで、やはり『1』ほどのインパクトやオリジナリティは感じられず、新しい相棒となるサム・フラー捜査官もどこか影が薄い。“FBIの顔”だからと言って、あそこまで贅沢が許されるのかもかなり疑問だし、グレイシーだけがどんどん事件の核心に近づいていくというのも出来すぎだ。ただ、全くの駄作かと言うとそうでもなく、序盤でグレイシーがエリックに振られる場面はサンドラ・ブロックの演技が目を引くし、グレイシーとフラーの二人が必死にティナ・ターナーの物まねショーをするくだりはかなり愉快だった。

ラスト、グレイシーの危機がストーリーを盛り上げているが、命が大事ならさっさとレオタードを脱げばいいのにと思うのは自分だけじゃないはず。前回でグレイシーの恋人になったエリック役のベンジャミン・ブラットが出演していないのが残念。フォアマン捜査官の恋人が見た顔だなーと思ったら、TVシリーズ『エンジェル』でロス市警のケイト・ロックリーを演じたエリザベス・ロームだった。(2006.9.7)

All the images are property of their respective owners.

CINEMA top-page

▲HOME