ドメスティック・フィアー
Domestic Disturbance
★★★

制作:2001年アメリカ(サスペンス・スリラー)
監督:ハロルド・ベッカー
出演:ジョン・トラヴォルタ
   ヴィンス・ヴォーン
   テリー・ポロ
   マット・オーレリー
   スティーヴ・ブシェミ

→IMDb


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

■アメリカ、メリーランド州サウスポート。親から継いだ小さな造船所を経営するフランク・モリソンは、数年前に妻スーザンと離婚。一人息子のダニーは両親の復縁を願って度々問題を起こし、その都度2人は呼び出しを受けている。そんな中、最近町にやって来た裕福な実業家リック・バーンズとスーザンの結婚が決まり、ダニーはまたしても問題を起こした。スーザンに頼まれたフランクはダニーを説得し、息子とリックの仲までとりもつことに。そして、スーザンの結婚式当日。ダニーのために一緒に式に出たフランクは、リックの昔の友人と名乗るいわくありげな男レイ・コールマンの存在を知る。新婚生活を始めたスーザンとリックは幸せそのものだったが、自分の前でだけ態度を変えるリックがダニーは嫌でたまらない。そんなある夜、母の妊娠を知って家を飛び出したダニーは、予期せずリックがレイを殺す現場を目撃してしまう…。

★継父の秘密を知ったことから命の危険に晒された息子を救うため、別れた実父が真相解明に奔走する姿を描いたサスペンス・スリラー。

スティーブ・ブシェミって、どこでどんな役やってもコワイ顔だよなぁ・・・ってのは置いといて(笑) おちゃらけキャラのイメージしかなかったヴィンス・ヴォーンの悪役も怖かったー (^^ゞ あの人は笑ってないと相当コワイ。体も大きいしね。

年とってから深みのあるキャラを演じるようになったトラヴォルタは、この作品でも自然で温かみのあるいい演技だった。この人も悪役だと相当こわくなれるけど、気のいい田舎のオジサンもよくはまっている。

ストーリー的には抜けてる所が多々あるけれど、感動的な親子愛で埋め合わせされてる感じ。でも、リックをもうちょっと知能犯に描いた方が良かったかも。ネットで簡単に検索できちゃう犯罪者なら、もっとひっそり生きろと言いたい(笑)(2008.2.19)

All the images are property of their respective owners.

CINEMA top-page

▲HOME