ロイス・レイン(声:日野由利加)
(Lois Lane)


デイリー・プラネットで一番の敏腕記者。美人で負けず嫌い。自己顕示欲が強く、スクープをものにする為なら変装や不法侵入もいとわない野心家である。また正義感が強い彼女は無鉄砲な行動も多く、トラブルに巻き込まれる天才である。彼女は一見するととても鼻持ちならない女性に見える。しかし本当は素直で臆病で、周囲の人たちを大切に思う心の優しい女性である。初めてスーパーマンに助けられた時から彼に夢中で、スーパーマンに直面すると緊張のあまり支離滅裂な事を口走ってしまう可愛らしい一面も。最初はカンザス出身のクラークを田舎者とばかにしていたが、彼の人柄に触れていくうちにだんだんと心を開き、良きパートナー・親友となる。「好きなのはスーパーマンただ一人」と言いつつ、クラークが他の女性と親しくしているのを見るとやきもちをやくが、自分ではあまり認めようとしない。第1話の時点で26歳。


テリー・ハッチャー
(Teri Hatcher)→IMDb

  本名:Teri Lynn Hatcher
生年月日:1964年12月8日
 出身地:アメリカ、カリフォルニア州サニーベール
  身長:5'6"(167.6cm)


父オーウェンと母エスターの一人娘として生まれる。
父親は原子物理学者で、母親はコンピュータ・プログラマだった。
彼女は子供時代を父とダンスや釣りをして過ごしたという。
Fremont High School時代には“Featherettes”のキャプテンを務める。
このダンスチームは頭に大きなヘッドドレスを着けていたことを除けば、正規のチアリーダーのようなもの。そして卒業時には "Most Likely to Become a Solid Gold Dancer" (素晴らしいダンサーになる一番有望な人)に選ばれる。
De Anza Collegeに進学して数学と工学を学ぶ傍ら、サンフランシスコのアメリカン・コンサバトリー・シアターで演劇の勉強を始める。
1984年には“サンフランシスコ49ers”のプロ・チアリーディング・チームである、“Gold Rush”のメンバーになった。
彼女はカリフォルニア工科大学へ移る予定だったが、友人を手伝う為にハリウッドへ行き、そこで受けたオーディションの結果、テレビシリーズ“The Love Boat.”の役を得る。
その後、『冒険野郎マクガイバー』や『TVキャスター マーフィ・ブラウン』などにゲスト出演。
そして、1993年から出演した『新・スーパーマン』(原題: "Lois & Clark:The New Adventures of Superman" )のロイス役でブレイクする。
1996年の"Movieline"(アメリカの映画雑誌)の表紙に、テリーが身体にロープだけを巻き付けた写真が使われるがこれが物議をかもし、ドレスを着た写真と取り替えられたというエピソードがある。
(見比べたい方はこちら→with rope / in dress

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【トリビア】

  • 趣味はゴルフ
  • おへそにピアスあり
  • 1988年にMarkus Litholdと結婚するが、同年に離婚
  • 1994年に俳優のジョン・テニーとニューヨークの有名な玩具店“FAO Shwartz”で結婚。1997年の10月には長女Emerson Rose Tenneyを出産したが、2003年に離婚した。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【主な出演作品】

  • 『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』(映画)
  • 『スパイ・キッズ』(映画;2001年)
  • 『デスパレートな妻たち』(TVシリーズ)

All the images are property of their respective owners.

LOIS & CLARK top-page

▲HOME