×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

新スーパーマン
(Lois & Clark:The New Adventures of Superman)1993〜1997

→IMDb


■番組紹介

言わずと知れたアメリカの人気コミック『スーパーマン』のTVシリーズ版。日系三世のディーン・ケインがスーパーマンを演じている異色の作品で、ケインはこのクラーク役でブレイクした。従来のスーパーマンを扱った作品と比べて、ロイスとクラークの関係にスポットがあてられているのが特徴。シーズンを重ねるごとに二人の仲が進展していき、アクション・ヒーローものというよりロマンティック・コメディの要素が強く描かれている。

*ロイスとクラークのキャスティングについて

*ロイスのウェディング・ドレス比較

↓↓↓ 『新スーパーマン』のDVDがコンパクト・ボックスでお安くなって再登場 ↓↓↓


■レギュラーとゲスト出演者の関係

*ディーン・ケインの母親シャロン・トーマス

*ディーン・ケインの異父姉妹クリシンダ・ケイン

*テリー・ハッチャーの夫ジョン・テニー

*ジャスティン・ワーリンの当時のガールフレンド、クリスタナ・ローケン


■新旧のロイスが共演

1951年にアメリカで放送された『スーパーマン』の最初のTVシリーズでロイスを演じたPhyllis Coatesが、『新スーパーマン』の中ではロイスの母親役(Ellen Lane)で出演している。昔の撮影は過酷なもので、一度に3つか4つのエピソードを撮影したため、俳優たちはよく複数のエピソードで同じ衣装を着ていたらしい。


■ジミー・オルセン役変更の理由

シーズン1で登場していたキャットやジャックはシーズン2以降いなくなり、ジミー・オルセン役は変更になった。ジミー役がマイケル・ランデスからジャスティン・ワーリンに変更になった理由は、マイケルと主役のディーン・ケインの容貌(髪や目の色など)が似ていたために、視聴者から二人を見分けづらいという声が上がったからだと言われている。マイケル・ランデスとジャック役のクリス・ディミトラルは、シーズン2の撮影開始2週間前に解雇通知を受け取った。ちなみにキャットが削られた理由は、午後8時という当時の放送時間にしては、彼女のキャラクターは品が悪すぎたから。

All the images are property of their respective owners.

LOIS & CLARK top-page

▲HOME