サブリナ・スペルマン(声:石塚理恵)
(Sabrina Spellman)


人間の母親と、魔法使いの父親とのハーフ。両親が離婚した後、二人の叔母に引き取られ、16歳の誕生日に魔女の力を得る。ウエストブリッジ高校を卒業後は、ジョン・アダムス大学へ進学し、下宿生活を始めた。 真面目で成績は優秀。魔法が使えることを楽しんでおり、好奇心と不慣れさから、いつもトラブルを起こす。そのたび、叔母達に助けを求めて叱られる羽目になるが、決してめげない明るい性格。高校時代はずっとハービーと付き合っていたが、何度も魔法をかけたせいで、サブリナが魔女であることに彼が気付き、分かれることに。その後は紆余曲折を経て、ジョッシュと両想いになった。

メリッサ・ジョーン・ハート
(Melissa Joan Hart)→IMDb

  本名:Melissa Joan Catherine Hart
生年月日:1976年4月18日
 出身地:アメリカ、ニューヨーク州ロングアイランド
  身長:5' 2"(157.5cm)


ポーラ・ハートとロブスターの卸売業者だったウィリアム・ハートとの間に生まれたメリッサは、ニューヨークのセイヴィルで育った。彼女のフルネームの“メリッサ”はAllman Brothersの歌から。“ジョーン”は母方の祖母から。“キャサリン”はキリスト教の儀式である堅信礼の時に、自分で選んでつけたそう。
彼女の芸歴は長く、4歳の時に出演した“スプラッシィ”と呼ばれる風呂用のおもちゃのコマーシャルに始まる。母親のポーラ・ハートは、その頃からずっと彼女のエージェントをしているらしい。
メリッサには5人の妹(トリッシャ、エリザベス、エミリー、アレクサンドラ、サマンサ)と一人の弟(ブライアン)がある。一番下の妹サマンサ以外は、みなそれぞれ仕事を持っており、エリザベスとエミリー、ブライアンは、メリッサの人気TVシリーズ『サブリナ』に出演したことがある。
メリッサはTVだけではなく舞台経験もあり、シャーリー・テンプルやオードリー・ヘプバーンが大好きな彼女は、この二人を演技の参考としたり、二人に関する物を集めているという。
1994年の1月からニューヨーク大学の通信教育課程を受けており、芸術と文学のクラスで文学士を目指しているが、仕事があまりにも多忙なため、1年間休学した。
TVシリーズ『サブリナ』はハートブレイク・フィルムという彼女の母親が経営する会社によって製作され、また彼女自身その会社の副社長を務めている。
Maxim magazinで挑発的なポーズをした写真を載せたことが物議をかもした。“サブリナ”のキャラクター権利を持つArchie comicsは、彼女の“サブリナらしからぬ行い”に対して謝罪を求めているが、彼女は今のところそれには応じていないらしい。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【トリビア】

  • 演技だけではなく歌手としても活動し、アルバム2枚をリリース
  • 子供向けのクラシックアルバム『ピーターと狼』ではナレーターを努めた
  • ブリトニー・スピアーズの「crazy」のビデオクリップに登場している
  • 『クロコダイル・ダンディ』に端役で出ていたが、そのシーンはカットされてしまった
  • 首の後ろに十字架のタトゥーがあり、へそにはリングをつけている
  • 名画を集めるのが趣味でピカソを3枚所有
  • 円周率を341桁まで暗唱できる
  • 1997年10月の“Details”という雑誌に、ヤスミン・ブリースやアリッサ・ミラノらと一緒に下着姿で登場した
  • 2003年7月、マーク・ウィルカーソンと結婚
  • 2006年1月11日、第一子メイソン・ウォルターを出産

All the images are property of their respective owners.

SABRINA THE TEENAGE WITCH top-page

▲HOME