Episode-Season1

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

1-3 3話 かくれんぼ
(Hide and Seek)
■地球の探検隊がアトランティスへ到着して3日目。一行は避難してきたアソス人たちと共同生活を始めたが、都市の全容はまだまだ掴めず、当座の居住スペースを確保するので精一杯だ。

そんな中マッケイは、ベケットによる遺伝子操作の人体実験に自ら志願。それは成功すればエンシェントのテクノロジーを扱うことが可能になるという画期的なもので、「規制の厳しい地球を離れたからできる」というベケットの言葉に青くなりつつも、初の人体実験は成功した。早速ラボで見つけた個人用シールドを試したマッケイは、シェパード相手に危険なテストを繰り返し、その性能の素晴らしさに有頂天になる。しかし、装置を取り外すことができず、飲食も全く出来ないことを知った彼は、一転して取り乱し始める。

何かにつけて悲嘆にくれるマッケイに対し、ウィアーは楽観的だった。極限の危機に際して自動的に浮上したアトランティスの例で、エンシェントのテクノロジーの安全性は実証されていたし、エンシェントの装置を扱うにはメンタルな要素が大きいと考えられるからだ。まだ謎の多いアトランティスに着いたばかりで、レイスの攻撃に対する不安も抱えている現段階では、マッケイの潜在意識が装置を外すことを拒んでいる可能性がある。自分の実験のせいでは…と心配するベケットに対し、「個人用シールドで使用者が死ぬわけがない」とウィアーは言い切った。

一方、母星を離れたアソス人たちは、慣れない場所で皆怯えていた。リーダーのテイラは地球人と対等な協力関係を持ちたいと考えていたが、用心深いウィアーたちにそれとなくかわされてしまう。その夜、大人達が寝静まった頃、アソスの子ジントとウェックスは、またしてもレイスごっこを始めた。しかし、間もなくジントが忽然と姿を消してしまう。シェパードたちは捜索を開始するがジントの行方は全く分からず、おまけに都市内の機械に異常が発生しはじめた。そんな中、レイスの操る影を見たという目撃情報が相次いで入る。都市内は一気に緊張に包まれるが、シェパードが目撃したその影はレイスの物とは違っていた。

【登場人物】

  • シェパード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(米軍)
  • ウィアー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(指揮官)
  • マッケイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • フォード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(米軍)
  • ベケット‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(チーフドクター)
  • グローディン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • スタックハウス‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(米軍)
  • テイラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アソス人
  • ホーリング‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アソス人
  • ジント‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アソス人
  • ウェックス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アソス人

    Marta.....Meghan Black

【面白セリフ】

  • マッケイ「副作用はないのか?」
    ベケット「唇の乾き、頭痛、回し車を回したくなる欲求…かな」

  • ウィアー 「いくらシールド装置のテストでも、バルコニーから突き落とすのはちょっとやりすぎじゃない?」
    マッケイ 「いや、まだいろいろやってるよ」
    シェパード「銃で撃った!」

  • (痛がるグローディンに)
    マッケイ「強く殴るからだよ。僕のことホントは好きじゃないんだろ」

  • ウィアー「正体の分からない物には勝手に触れないよう全員に徹底することが大切」
    マッケイ「そう、絶対だ! 見かけはちっぽけで害のなさそうな物でも命にかかわる・・・死者の遺言」

  • シェパード「そして、ようやく彼が死んだと思ったみんなが死体に背を向け立ち去ろうとした時、ホッケーマスクの下の両目がカッと見開かれ、血まみれの刀を手に取り立ち上がったぁ!!!」
    ジント  「ホッケーマスクって何?」

  • シェパード「怖がらせすぎてなきゃいいけど」
    ホーランド「その心配はない」

  • マッケイ 「こいつは転送装置だ」
    シェパード「名前はゆっくり考えよう」
★シリーズ開始の儀式から解放され、ようやく始まった通常営業。SG-1の時もそうだったけど、まだ小手調べのような印象がある。最初からキャラの個性が強く役割が明確だったSG-1と違い、どうもテイラとフォードの影が薄い。姿が見えずエネルギーを吸収する敵。SFの王道を行くような使い古された設定だけど、マッケイの個人シールドネタが面白かったからまだ許せる(笑)

「アソス人の女性ってレベルが高い」とマッケイは言っていたけれど、地球を離れる時に少しだけ映った女性は恋人(or奥さん)じゃなかったのか? ボケ炸裂のマッケイも、ウィアーとベケットは一番優秀と認めている模様。もちろん彼よりカーターの方が優秀に決まってるけど(笑)

シェパードはジェイソンの話で一生懸命子供達を怖がらせようとするも、文化の違いから全く意図は通じず。しかも『エルム街の悪夢』じゃなくて『13日の金曜日』だろ(爆) 1つだけ私物の携帯を許されて、選んだのがフットボールの試合のビデオ。コイツはこういうキャラですか? (^^ゞ オニールの前でホッケーの悪口言ったら左遷されるぞ、きっと。

ジントがシェパードに憧れるところなんて、オニールの真似をするスカーラにそっくり。てか、子供の躾がなってないだろ、アソス人よ(@_@;) ウィアーがエンシェント語が分かることにちょっと驚いた。キミはダニエルキャラですか。今回までで、無人探査機とナクアダ・ジェネレーターを1つずつロスしたアトランティス・チーム。その穴はどうやって埋めるのかな。

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE ATLANTIS top-page

▲HOME