Episode-Season1

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

1-15 15話 眠りにつく前に
(Before I Sleep)
■市内探検に出たシェパードたちは、とあるラボで冬眠している女性を発見した。どう見ても100歳は超えていると思われる彼女は、1万年前からこの状態にあるらしい。新陳代謝は止まっているものの、ゆっくりだが確実に細胞の老化は進んでいる。生きたエンシェントから話を聞くチャンスだとマッケイは早急の蘇生を主張。ベケットは蘇生処置の途中で死ぬかもしれないと警告するが、ウィアーは蘇生を命じる。老女は手にメモを持っており、それには5つのゲイトアドレスが記してあった。

蘇生され覚醒と睡眠を繰り返す老女についていたベケットは、彼女がとんでもないことを口にしたとみんなを呼び出した。老女はベケットを「カーソン」と呼び、全てを知っているという。そこで目覚めた老女はみんなを見て「懐かしい」とつぶやき、自分はウィアーであると告白。なんと彼女はタイムトラベルして1万年前に行ったのだという。DNA鑑定の結果、老女はウィアーに間違いなかった。興奮剤の投与で覚醒した老エリザベスは昔話を始める。

彼女たちがスターゲイトをくぐった直後からトラブルは発生した。アトランティスの電力は枯渇しており、シールドは急激に崩壊。都市のあちこちで浸水が始まったが、そのアトランティスにはフェイル・セーフ機能がなく、浮上せずに都市は滅んだ。偶然タイムマシンに乗ったウィアー、シェパード、ゼレンカの3人は1万年前のアトランティスへタイムスリップしたが、レイスの攻撃にさらされた。撃墜され一人生き残ったウィアーはエンシェントに助けられ、自分が過去へ来たことを知ったのだった。

【登場人物】

  • シェパード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探険チーム
  • マッケイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探険チーム
  • フォード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探険チーム
  • テイラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探険チーム
  • ウィアー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(指揮官)
  • ベケット‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(チーフドクター)
  • ゼレンカ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • グローディン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • サムナー大佐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(回想シーン)
  • ジャナス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥エンシェント
  • モロス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥エンシェント
  • 老女‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥もう一人のウィアー

    Female Ancient.....Melia McClure
    Ancient Technician.....Alex DeCosta
    Scientist.....Bro Gilbert

【面白セリフ】

  • マッケイ 「今使ってる部屋と比べてどうだ?」
    シェパード「まあな、こっちの方がキレイかも」
    マッケイ 「広さは?何平米くらいだ?」
    シェパード「俺は不動産屋か!?」

  • 老エリザベス「本当に懐かしい・・・ロドニーでさえね」

  • フォード 「タイムトラベルって可能なんスか?」
    マッケイ 「アインシュタインの一般相対性理論によれば、純粋に物理的には可能だ。実現には困難を伴うけどな。ブラックホールを操作して、時空間を抜けるワームホールを作り出す技術が必要だ」
    シェパード「あるいはデロリアンを作るか」
    マッケイ 「ここで映画の話を持ち出すか!?」
    シェパード「あの映画好きなんだよ」
★「待ってました!」と言いたいほど、スターゲイトらしいエピ。アトランティスもやれば出来るじゃん(笑) SG-1の8-13(#167)「王様万歳!」でタイムマシン搭載ジャンパーが登場したから、それを受けてこのエピが誕生したのかな? それにしても「本当に懐かしい・・・ロドニーでさえね」って、そこまでマッケイは嫌われ者なの? (^_^; 

司令官役は出番が少なくなりがちだけど、これでウィアーは一気に挽回。初めてアザーズじゃない喋るエンシェントが登場したけど、他のエイリアンと似たような雰囲気で感動は薄かった。ZPMはいくつ見つかるんでしょうか。で、どうしてシェパードはウィアーの誕生日を知っていたの?(笑) ちなみに女性のエンシェントは、1話でホログラムで登場したのと同一人物。

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE ATLANTIS top-page

▲HOME