Episode-Season1

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

1-18 18話 悪夢
(The Gift)
■レイスがアトランティスに来るまで1週間を切り、ミーティングが開かれた。それぞれが最大限の努力をしてレイスに対抗する手段を考えていたが、思うような成果は上がらず、避難用キャンプ地の選定も進められていた。万が一アトランティスがレイスの手に落ちそうな時は、ウィアーは都市を自爆させるつもりだった。しかし、かつてない銀河規模の刈り取りで、何処へ逃げても同じと考えるアソス人たちは、他の星への避難には消極的だ。彼らの避難準備を任されているテイラもいつになくイライラし、意味もなくウィアーに噛みついていた。

実はここ数日、テイラはレイスに襲われる悪夢に悩まされ、ほとんど眠れない日を過ごしていた。それを聞いたシェパードは精神分析医のハイトマイヤーに事情を話し、テイラの力になってくれるよう頼んだ。一度は反発して怒りをぶちまけたテイラだったが、思い直してハイトマイヤーの元を訪れ、悪夢について打ち明ける。ハイトマイヤーはテイラの持つ不思議なレイス探知能力について触れ、それに対する不安感が悪夢の原因になっているのではと分析。能力について深く知る為、テイラはメインランドにいる知人を訪ねた。

テイラと馴染みの老女チャリンによると、レイスにさらわれながら生きて戻った人たちの伝説があるらしい。遙か昔、ある星の出来事で、生還者にはそろって幻聴が現れ、おかしな行動をとり始めたという。人々の恐怖の対象となった彼らは殺されたり追放されたりしたが、他の星へ移って生き延びた人々の末裔がテイラの家系だというのだ。テイラと一緒にその星へ向かったシェパードたちは、レイスの物と思われる研究所を発見する。

【登場人物】

  • シェパード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探険チーム
  • マッケイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探険チーム
  • フォード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探険チーム
  • テイラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探険チーム
  • ウィアー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(指揮官)
  • ベケット‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(チーフドクター)
  • ゼレンカ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • ベイツ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(米軍)
  • カヴァナー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • チャック‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(システム担当)
  • ハイトマイヤー‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(精神分析医)
  • チャリン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アソス人

    Cocoon Victim.....Daniel Boileau
    Male Wraith.....James Lafazanos

【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • カヴァナー「敵は何万という凶悪無比のエイリアン。それがハイテクのかたまりの宇宙船に乗って攻めてくるんですよ!迎え撃つのは200人ほとんどが科学者で銃の撃ち方さえ知らない」
    マッケイ 「かなりショックだけど、初めてカヴァナーと意見が一致した」
★で、クサナギって誰?(笑) ここでSMAPのつよぽんが登場したら最高なんだけど (^^ゞ 前回かなりあからさまにシェパードとテイラが言い合いをしていたので、今後も気まずい状態が続くのかと思ったらそうでもなかった。テイラにレイスのDNAがあることが分かり、腹にゴアウルドの幼生がいるティルクとなんとなく似た存在になったなーと思った。

精神分析医のハイトマイヤー先生はこれまた美しいヒトで、マッケイがアタックしたくなるのも分かる。あんな偏った性格のオタクなのに、どうして女性に積極的になれるんだろう?と不思議に思ったけど、究極の自信過剰オトコだもんね (^_^;

後半、テイラがレイスの意識に入り込むくだりで、どうしてこちらの存在を気付かれるかもしれないと思わなかったのかが不思議だ。(だって、意思疎通のためのテレパシーだよね?) しかも、1度レイスに意識を乗っ取られた後でも、テイラを拘束せずに実験を行ったのがわけわからん(@_@;) ウィアーよ、危機管理はどうした? とりあえず、次回からシーズン・フィナーレに突入。SG-1ネタも出してくれますように(祈)

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE ATLANTIS top-page

▲HOME