Episode-Season2

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

2-10 30話 迷走の果て
(The Lost Boys Part1)
■テイラの知り合いからZPM情報を受け、とある星へ出向いたシェパード一行。突然スタンレーザーで眠らされた4人が気付くと、そこは別の星の洞窟の中だった。訳も分からず拘束された4人の前に、フォードが姿を現した。

シェパードたちを襲った一味の首謀者はフォードだった。4人の拘束を解き食事を勧めるフォードは、請われるままにダーツからの脱出劇を語り始める。レイスのクルーザーの中で目覚めたフォードは、即座に近くのレイスを殺し酵素を補充。自分たちの船に乗り込まれるとは予想もしないレイスたちの警備はゆるく、スキだらけの彼らを次々と倒し当分必要なだけの酵素を確保して船から脱出したのだと言う。その後辿りついた星で知り合った男達に、酵素の効力について力説したフォード。次々と彼の仲間は増え、みな酵素の力で信じられないくらいのパワーを手にしてる。今では人数が増えすぎて酵素の確保が追いつかず、なんとレイスを生け捕りにして酵素を搾取しているほどだった。

そんな中、フォードは恐ろしい告白をする。なんとシェパードたちに出された食事に酵素が混ぜられていると言うのだ。レイスを倒すには酵素による肉体改造が最良の策…と信じて疑わないフォードは、酵素の効果を彼らに実体験させようと考えたのだった。しかし、酵素の安全性と有効性の証人になるべくシェパードだけは例外にされていた。その後、酵素を投与されたことで4人は自由行動を許されたものの、ホームダイヤルのクリスタルが外されゲイトを開くことは出来ない。シェパードは信頼関係を築くと思わせて、フォードたちが油断するのを待つことにした。

酵素の影響が出始めた頃、フォードは部下の任務にシェパードとテイラを同行させることにし、その間マッケイとロノンは洞窟内部を見学することになった。フォードの部下ジェイスにラボを案内されたマッケイは、レイスは縄張り意識が強くヨコの繋がりが薄いことを聞かされる。更に奴らは、船同士の通信手段を限定するシステムを構築中だという。テイラのように自分たちの心を読める敵がいても、被害が最小限にとどまるようにという算段だ。一方、ロノンを訓練場へ案内したフォードは、以前彼の命を救った時のことを持ち出し、見るからに力に差のある自分たちが互角に戦えたのは酵素のお陰だと話す。

その頃、フォードの部下カノヨたちと異星へ出掛けたシェパードとテイラは、彼らがジェナイの隠れ家を襲う様子を見せられていた。カノヨたちの戦い方は稚拙なもので、力でごり押しして突っ込むだけ。無謀なやり方で犠牲者も出るが、そんなことにはお構いなしだ。彼らはかつてアトランティスからジェナイの手へ渡ったC4爆弾を入手していた。それをレイスの母船に仕掛けて爆破しようというのがフォードの計画だった。

一方、行方が分からなくなったシェパードたちを心配して、ウィアーはローン少佐のチームを捜索に出すが、手がかりは全く掴めなかった。

【登場人物】

  • シェパード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探険チーム
  • マッケイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探険チーム
  • テイラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探険チーム
  • ロノン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探険チーム
  • ウィアー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(指揮官)
  • ローン少佐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム(米軍)
  • ゼレンカ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • フォード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥元アトランティス探検チーム
  • カネヨ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥フォードの手下
  • ジェイス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥フォードの手下

    Guard #2.....Aleks Holtz
    Bouncer/Guard#1.....Woody Jeffreys
    Male Wraith.....James Lafazanos
    Wraith Hive Queen.....Andee Frizzell

【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • (酵素を初摂取して)
    マッケイ「かゆくなった!全身がかゆい。学生時代マリファナを試した時以来だ」

  • フォード 「どうだ?」
    シェパード「・・・ワーオ」
    フォード 「ワオ?」
    シェパード「それが感想」
    マッケイ 「よければシェパード中佐の“ワオ!”を率直に通訳してさしあげようか。どうしようもないヘボプラン!」

  • フォード「宇宙船がある」
    マッケイ「へぇ、ホントか。何で作ったんだ、木か!?」

  • シェパード「R2-D2、オートパイロットのスイッチをすぐに切るんだ。早く!・・・・・乗ってないもんな」

【トリビア】

  • “R2-D2”とは映画『スターウォーズ』シリーズに登場するロボット。丸い頭の背の低いロボットで、機械の言葉しか話せないがいろんな場面で活躍する。ちなみに相棒のC-3POは人間型の通訳ロボット。まるで執事のような喋り方が特徴。
★行方不明だったフォードが再登場。酵素中毒になってからの彼は、なんか気持ち悪い。酵素を得るためにレイスを生け捕りにするなんて、エサと捕食者の立場が逆だろ (^_^;

シェパードたちを探す中、最近使われたホームダイヤルのアドレスを調べろと言うウィアー。そんなコト出来たっけ!?と思っていたら、案の定ゼレンカが「そんな機能はついていない」と言った。彼女は司令官のくせにスターゲイトのスペックを知らなさすぎ。と言うか、スターゲイト計画全般において知識が足りない感じがする。

結局シェパードたちは何日行方不明になってるんだか。酵素で好戦的になるテイラとロノン。精神が荒廃するってトコロがゴアウルドの石棺に似てるよね。

ここんところ、シェパードがスターウォーズ・ネタを連発。かつてはオニールやダニエルもキャラの名前をパクっていたっけ。よくよくSGC関係者はスターウォーズファンが多いのだろうかと思う。

レイスのダーツの内部が初公開。そして、レイス母船の警報がまるで悲鳴のようだったのにウケた。

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE ATLANTIS top-page

▲HOME