Episode-Season3

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

3-17 57話 何げない日曜日
(Sunday)
3-17 ■このところアトランティスでは、定期的に全員が休養を取る一斉休暇システムが行われている。それはハイトマイヤー医師のアイデアで、それまできちんとした休みがないことを危惧した彼女は、休暇の必要性を説いて強制的にみんなを休ませたのだ。

そんな休日のある日。1ヶ月ぶりに休暇をとれるベケットは、2週間前から楽しみにしていた釣りに行けるのが嬉しく、親しい顔を見かけるたび一緒に行かないかと誘っている。シェパードはロノンにゴルフ指南をするつもりが、反対に実戦さながらのセティーダのスポーツで打ち負かされてしまう。マイク・ブラントンの強引な誘いに負けたウィアーは、テイラとの約束をキャンセルしてランチ・デートに。ウィアーとの約束が流れたテイラは、友達のヒューストン博士にバントス格闘技を教えて休日を過ごすことにした。

そんな中、マッケイはケイティ・ブラウン博士のラボを訪ねてランチ・デートに誘っていた。キャドマンとの“同居事件”以来彼女を避けていたが、先月から約束していたベケットとの釣りを断る口実作りの為だ。ケイティからOKをもらったマッケイは予想以上に楽しいひと時を過ごす。一方、マッケイから約束をドタキャンされたベケットは釣りに行く仲間を探すが見つからず、諦めて頭痛に苦しむコール医師の代わりに当直を努めることにした。それぞれが思い思いに過ごす中、突然食堂で爆発が発生。3名が死亡、12名以上が重傷を負った。原因はヒューストン博士が爆発したこと。しかし、爆薬の残滓は全くない。調査を進めたマッケイはあることを突き止めた。

マッケイはヒューストン、ワトソン両博士に放棄されたエンシェント・ラボのリスト作りを命じていたが、昨夜2人はある装置のスイッチを勝手に入れていた。装置が未知の放射線を発したため2人は慌ててスイッチを切り、健康的な被害が見られなかった為、装置の検査も後回しにされていた。それが実は対レイス用に開発された兵器の一種だったのだ。装置は放射線を浴びた者の体内に腫瘍爆弾を作り出す。ヒューストン博士の爆発はそのせいで、一緒にいたワトソン博士も爆発するのは時間の問題だ。その時肝心のワトソンは、脚を負傷してベケットの手術を受けるところだった。

【登場人物】

  • シェパード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム
  • マッケイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム
  • テイラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム
  • ロノン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム
  • ウィアー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊指揮官
  • ローン少佐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(米軍)
  • ベケット‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(チーフドクター)
  • ゼレンカ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • ブラウン博士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • ブラントン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊
  • ヒューストン博士‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • ワトソン博士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • コール医師‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(医師)
  • チャック‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(システム担当)

    Dr. Biro.....Lindsay Collins
    Marie.....Linda Ko
    Opponent.....Pearce Visser
    Pretty Marine.....Brandy Heidrick

【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • ベケット 「これからロドニーとメインランドに釣りに行くの。川でマスを釣るんだ。一緒にどう?王様のスポーツだよ」
    シェパード「王様のスポーツは競馬だと思うけど」
    ベケット 「退屈な王様にはね」

  • シェパード「俺とテイラ以外に親しい相手は?休暇を共に過ごす相手って意味だ。デートの相手とかさ」
    ロノン  「女ってことか?」
    シェパード「男でもいいけど」

【ウィアーの弔辞】

  • 多くの友に別れを言ってきました。私たちの任務は危険です。友を失うたび、つらい思いを味わってきました。でもカーソンの死は・・・。彼のことで私に不満を言ってきた人は一人もいません。一人も・・・。優しい人でした。心まで癒してくれた。誰もが彼の死を悼んでいます。ファブリツィウスは言いました。『死は全てに訪れる。だが、偉大な業績は太陽が冷たくなるまで朽ちぬ記念碑を建てるであろう』と。カーソンが救った命はそれぞれが彼の記念碑であり、大いなる慰めです」

【トリビア】

  • この日はベケットにとって1ヶ月ぶりの休日で、2週間前から釣りに行くのを楽しみにしていた。

  • チェスクラブの賭け試合でゼレンカが手に入れた物:
    卓上ファン、マロッツィーからアニメDVDコレクション、アンブローズ博士からスウェーデン・マッサージのクーポン券

  • エンシェントの兵器:
    対レイス用に開発された腫瘍爆弾を作り出す装置。装置は何億もの放射線を帯びた粒子を発射し、これが一旦体内に入ったあと肺の後ろで終結。そこで体組織から爆発に必要な物質をすごい勢いで吸収し、腫瘍が危険な大きさまで膨らむと爆発する。その効果がエンシェントや人間にも及ぶと分かって早々に廃棄処分が決まった。

  • ウィアーが引用したジョージ・ファブリツィウス(George Fabricius)の言葉:
    “Death comes to all But great achievements raise a monument Which shall endure until the sun grows old.”
★「○時間前」という演出が繰り返され隊員たちの日常が淡々と描かれる中、一体このエピは何が言いたいんだろう?と思っていたら、あんなネタが用意されていた。ずっと前に某所でスポイラーを見ていたのに、無意識に忘れようとしてたのか後半まで気づかなかった・・・orz

ストーリーも中に散りばめられた小ネタも悪くないんだけど、こういうのはやっぱり気持ちがなえる。アノ人は大のお気に入りだったのに〜・゚・(つД`)・゚・ こんな中に無理矢理恋愛ネタとかいらないよ。そもそもシェパードとテイラがロマンティックなムードになったことなんて今まであったっけ?

スコットランド人だからわざわざバグパイプまで持ち込んで送ったのかな。あの姿を見るとどうしても“丘の上の王子様”を思い出すんだけど( ̄▽ ̄; ゼレンカがDVDを勝ち取ったマロッツィーとは、やはりエグゼクティブ・プロデューサーの彼のことなんだろうか?

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE ATLANTIS top-page

▲HOME