Episode-Season3

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

3-18 58話 海底基地
(Submersion)
3-18 ■かつてエンシェントは地熱をエネルギー利用する為の海中移動掘削基地を持っていた。マッケイがその位置に目星をつけ、ウィアーたちは長時間の捜索の末ようやく基地を発見。科学者たちはシステムのチェックにかかり、シェパードたちは内部の探索に出かける。そんな矢先、テイラがレイスの存在を探知した。

基地に着いて真っ先に生命反応をスキャンしたマッケイは「何もいない」と断言する。念のため再チェックしても自分たちだけ。しかし、これまではずれたことのない自分の感覚を信じるテイラは、間違いなくレイスがいると言う。確かめる方法はただ一つ。テイラが心を開いてレイスとのリンクを試みるのだ。シェパードたちが警戒する中リンクを試みたテイラは、自分の勘違いだったと言う。しかし、ロノンと一緒に探索を再開した彼女は、彼を殴り倒して姿を消した。

間もなく、基地内の一部で電気が消えセンサー類がオフになった。無線に応答しないロノンとテイラを心配したシェパードたちは、2人がいると思われるエリアへ急ぐ。銃声のした方へ進むとロノンが倒れており、コントロールパネルの前で呆然としたテイラを確保した。テイラは主要システムのいくつかを停止させた上、それまでのコードを変更していた。基地の通信システムは稼働しておらず、制御用クリスタルが壊されてアトランティスへも連絡できない。しかも通路はフォースシールドで封鎖されている。しかしテイラにはこの1時間の記憶がなかった。彼女はレイスの女王とリンクし、相手の強い意識に支配され動かされていたのだった。

一方、マッケイの指示でジャンパーへ向かっていたディケンソンとグレイドンの2人。ジャンパーへ様子を見に入ったグレイドンは女王のエサにされ、ディケンソンも襲われる。彼の悲鳴を聞いたシェパードが駆けつけると、そこにレイスの女王が現れた。超能力でシェパードを制した女王は、ジャンパーで自分を海上まで運べと命じる。そこへロノンが助けに来るが、彼の撃った銃がそれて窓を打ち抜き3人は海水に押し流されてしまう。

【登場人物】

  • シェパード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム
  • マッケイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム
  • テイラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム
  • ロノン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム
  • ウィアー‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊指揮官
  • ゼレンカ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • グレイドン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • ディケンソン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(科学者)
  • レイスの女王

    Dr. Coleman.....Donna Soares

【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • グレイドン「ですが、これだけ狭い区域に絞り込めたのはマッケイ博士の功績です」
    マッケイ 「ようやくまともな意見だ。ありがとう、君は・・・」
    グレイドン「グレイドンです」
    マッケイ 「そうか、ようこそ探検隊に」
    グレイドン「・・・・・もう8ヶ月になります」
    マッケイ 「ほんと?」
    グレイドン「ええ」
    マッケイ 「ああ、もうそんなになる。“光陰矢の如し”だな」
    ゼレンカ 「“干し草の山から針を探す”ってことわざもあるよ」
    マッケイ 「黙れって言ってるだろ」
    ロノン  「お前こそ黙れ」
    マッケイ 「うるさい!グレイソンは文句言ってないぞ」
    グレイドン「グレイドンです。ソンじゃなくドン」
    マッケイ 「なに!?ほんとか?」
    グレイドン「自分の名前ですから」
    マッケイ 「君の部署からはグレイソンを選んだはずだ。バットマンのディック・グレイソンで覚えてるから間違いない」
    グレイドン「僕はグレイドンです!」
    マッケイ 「・・・じゃ、人違いで呼んじまった」

  • グレイドン 「今度あいつを呼ぶ時は“マッコイ”って言ってやる」
    ディケンソン「俺もその場にいたいね」
    グレイドン 「今度僕をグレイソンと呼んだら・・」
    ディケンソン「グレイソンなら俺も知ってるぜ」
    グレイドン 「ホントにいるのか?」
    ディケンソン「ああ、すごく優秀な科学者だ。なんで雇わなかったんだろ」
    グレイドン 「・・・・・」

  • シェパード「クルーザーまでの距離は?」
    ゼレンカ 「1km弱」
    シェパード「それを泳いできたのか!?バケモンだな」
    ゼレンカ 「だってレイスだもん」

  • シェパード「息が荒いぞ」
    マッケイ 「このスーツ、今どれだけの水圧がかかってるか考えたら当然だろ」
    シェパード「だったら海岸を散歩してると思え。今にも爆発しそうな海岸だ」
    マッケイ 「よけいプレッシャーがかかる」
    シェパード「いやぁ、少しでも早く歩きたくなるはずだ」

  • マッケイ 「この船、えらくきれいだなー」
    シェパード「女王様が掃除好きだったんだろ」

【トリビア】

  • バットマンに登場するディック・グレイソンとは初代ロビンの本名
★18話「悪夢」を引きずったネタだけど、海中基地自体は面白かった。基地に次々と灯りが灯るシーンはとても美しい。さぞかしお金かかってるんだろうね〜(笑) 所々でシェパードが『アビス』を引き合いに出すけど、私自身はあの映画は好きだ。あれに出て来るエイリアンは怖くないし、映画そのものもホラーじゃなくてスリリングなSF。ラストもハッピーエンドの部類だと思うんだけど、どうもシェパードのセリフを聞いてるとそう思えないのが不思議。

レイスの女王を演じたのはまた同じ女優さんだった。キモいエイリアン・キャラばかりじゃなくて、たまには素顔で出してあげたい。(ちなみに『アンドロメダ』の42話にAI役で出ています) シェパードの「掃除好き」云々のセリフで、思わず雑巾を持って船内を掃除している女王の姿を思い浮かべてしまった。

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE ATLANTIS top-page

▲HOME