Episode-Season4

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

4-5 65話 旅人
(Travelers)
■惑星に設けた調査基地への物資供給に出かけたシェパード。その帰り道、何者かの攻撃を受け、ジャンパーごと拉致されてしまう。ハイパードライブを搭載した宇宙船を駆る彼らは、レイスでもレプリケーターでもランシャンでもない。厳しい尋問を受けるシェパードの前に現れたリーダーのラーリンは、自分たちは“トラベラー”だと名乗った。

トラベラーはレイスから逃れる為に星を捨てて宇宙船で一生を送る人々の集団で、惑星に住む人々より遥かに進んだ科学技術を持っていた。アトランティス・チームの噂を耳にしていたラーリンたちは、そのメンバーを捕えようと機会を待っていたと言う。ランシャンのテクノロジーを動かしたいラーリンは強引にシェパードに協力を求め、宇宙を漂う戦艦を見せた。

それはランシャンのオーロラ級宇宙戦艦だった。レイスとの戦いで傷つき、放射能漏れのために捨てられたが、宇宙船不足に悩むトラベラーには喉から手が出るほど欲しい代物だ。脅されてシステムを起動したシェパードは船を急発進させてラーリンたちの動きを封じようとするが、対放射能シールドを消されてしまい、やむなく降伏する。しかし、彼はブリッジを明け渡す前に密かにSOS信号を出していた。拉致されたシェパードの行方を探すマッケイたちもその信号に気付いたが、いち早く現場にやって来たのはレイスの船だった。

シェパードとラーリンは一時休戦して手を組み、なんとかレイス船を撃破する。シェパードは隙をみてラーリンを部屋に閉じ込めるが、ドアを壊して抜け出したラーリンは侵入していたレイスと鉢合わせしてしまう。

【登場人物】

  • シェパード‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム
  • マッケイ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム
  • テイラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム
  • ロノン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検チーム
  • ローン少佐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アトランティス探検隊(米軍)
  • ラーリン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥トラベラーのリーダー
  • ネヴィク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥トラベラー
  • サイラス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥トラベラー

    Wraith.....Scott Heindl
    Crewman.....Chris Kalhoon

【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • マッケイ 「話してないことがあるだろ。彼女いい女だった?」
    シェパード「なんのことだ」
    マッケイ 「あぁ!やっぱりな。だと思った!」
    シェパード「俺を殴ったんだぞ、ロドニー。何度も殺すと脅された。一緒に温泉でイチャイチャしてたわけじゃないんだ」
    マッケイ 「でもいい。僕なんか、捕まると言えばいっつもレイスだ。一度でいいからセクシーなエイリアンに捕まってみたいもんだね」
    シェパード「そのチャンスならあるぞ」
    ロノン  「どういう意味だ?」
    シェパード「今も宇宙にいる」

【トリビア】

  • アトランティス・チームはペガサス銀河に来てから半ダースの星に調査基地を設けてきた。

  • シェパードが名乗った偽名“リード・リチャーズ”は『ファンタスティック・フォー』のキャラの名前。チームのリーダーで体をゴムのように伸び縮みさせることができ、通称ミスター・ファンタスティックと呼ばれる。
★ジャンパーって未確認の宇宙船が近づいても警告出してくれないのね。。。

マッケイの言う通り、またしてもシェパードとセクシーな女性エイリアンのエピソードでした。ちょっとジュリア・ロバーツ似の女優さんでとても魅力的な方でしたが・・・たまにはセクシーな男性エイリアンも登場させて欲しいと思うのはワタシだけ?(笑)

ペガサス銀河は素朴で技術の後れた種族ばかり・・・と思っていたら、ハイパードライブを持ったトラベラーが登場ですよ。地球の船は他の種族の技術をもらった物なので、ちょっと負けてるかなぁ? ラーリンの勝ち気さと強引さ(プラス女性の色香を利用するあたり)はSG-1のヴァーラに似てるけど、行動規範が仲間の為である点で大きく異なりますね。

カーターもゼレンカも登場しないどころか、シェパード以外のチームメンバーもちょっとしか出ないお手軽エピだったけど、レイスと絡めたせいでけっこう楽しめました。せっかく登場したトラベラーなので、今後もストーリーに絡んできて欲しいですね(2009.11.8)

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE ATLANTIS top-page

▲HOME