Episode-Season4

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

4-17 77話 名コーチ
(Midway)
■IOAにクーリッジという新メンバーが加わり、その彼の提案でSG計画に携わるエイリアンの査問会が行われていた。そもそもクーリッジはエイリアンを信用しておらず、その傲慢さはウールジーを遥かにしのぐ。そんな彼が行う面接は不愉快の極みで、普段は理性的なテイラでも怒りを抑えるのに苦労するほどだ。テイラから報告を受けたカーターは3日後に控えたロノンの面接を心配し、なんとか無事にパスできるようにと指南役にティルクを呼び寄せた。

初顔合わせとなったエイリアン・ファイターの2人。既にSG-1として10年以上のキャリアがあるティルクは自身の経験を元にロノンの力になろうとするが、ロノンの方は何故かティルクが気に入らないらしく全く打ち解けようとしない。2人の様子を見たシェパードは険悪ムードを取り払おうと親善試合をさせるが、両者は全く互角で1時間たっても勝負がつかないほどだった。

結局、何の指導もないままロノンは地球へ向かうことになり、SGCへ帰るティルクと一緒に銀河間ブリッジを使うことに。2人はミッドウェイ・ステーションの同じ部屋で丸1日の検疫待機をすることになったが、そんな矢先、ペガサス側のゲイトが再び開きレイスの一団が押し寄せて来た。ステーションがレイスに占拠され、奴らが地球へ向かうのを見たロノンとティルクは、レイスの地球侵攻を食い止めるべく一緒に後を追う。

【登場人物】


【面白セリフ】

  • (クーリッジの傲慢さについて)
    シェパード「気にすんな。犬のマーキングだ」

  • (クーリッジの傲慢さについて語って)
    テイラ  「よっぽど一発見舞ってやろうかと思ったけど、必死の思いで我慢して何もしないで戻ったわ」
    シェパード「正解だ。暴力は胎教に良くない。優しいママが世の理想だよ」
    テイラ  「私を戦力外と考えてるようです。赤ちゃんが生まれたら第一線に復帰する道理はないと確信しているみたい」
    シェパード「一発くらいは良かったか」

  • カーター 「次はロノンの番」
    シェパード「波風どころか津波が起きる」

  • カーター「どうしたの?その・・・髪型」
    ティルク「似合わないか?」
    カーター「そんなこと・・・とっても・・地球的」

  • カヴァナー「誓うよ。コードを知ってたらとっくに教えてる」
    レイス  「お前の忠誠心次第だ」
    カヴァナー「いや信じて!そんなもの僕にないから!」
    リー博士 「それ、ホントだ」

  • ロノン 「レイスに喰われてる。ヤバイ傾向だ」
    ティルク「まさしく」
    ロノン 「口癖か?」
    ティルク「何が」
    ロノン 「“まさしく”」
    ティルク「言ってるか?」
    ロノン 「ああ」
    ティルク「・・・気付かなかった」

  • (ロノンの銃を撃って)
    ティルク「こんな銃が前から欲しかった!」
    ロノン 「そうか。ファンが多い」

  • (ロノンに助けられて)
    ティルク「危なかった・・」
    ロノン 「まさしく」
★ついにアトランティスにティルクが(本格的に)登場。あの髪型を見て度肝を抜かれたのはカーターだけではないハズ(爆) どうしたティルク!? てか、どうしたクリス・ジャッジ!?(笑) なんか、髪の毛ない時の方が強そうなんですが (^_^; まーそれでも彼の筋肉は健在で、無口なパワータイプが並ぶ様子は圧巻だった。ティルクだって190cmあるのにロノンを見上げてるし。珍しい図だ・・・。前にSG-1がアトランティスに来た時に2人は会わなかったのかな??と思って調べたら、『SG-1』10-3(#197)「ペガサス合同作戦」の時は、ティルクはスーパーゲイトの見張り役として天の川銀河に残ってました。

わざと不愉快なことを言ってロノンを怒らせるティルク。彼はこんなに頭脳戦に強い人だったっけ。ぶち切れるロノンをなだめるシェパードは、まるで彼のシッターか飼い主のようだ(笑) ティルク対ロノンの夢の対決が実現。ジェイソン・モモアは回を追うごとに動きが良くなってて、まるで猿のように軽快な身のこなしだった。さすが、『コナン・ザ・グレート』のリメイクに抜擢されるだけある。

今回もカーターは三つ編み(編み込み)かー、ポニーテールよりマシかぁ・・・と思ってたら意外な人が再登場。なんと、ウィアーに噛み付きまくってた嫌われ者キングのカヴァナーさんが出てきましたよ。相変わらずイヤな奴だねー。てか、お前のせいでせっかくのステーションが吹き飛んだじゃないか!このバカタレが!!! カヴァナーを演じてるベン・コットンは『バイオニック・ウーマン』や『ブラッドタイズ』なんかにも出てたらしいんだけど、両方とも見てた私がまるで気付かないってのは影が薄いんでしょうか。

今回得た危機に対処する方法その1:自分のいる部屋が真空になり始めたら、すかさず手近な宇宙服の中に逃げ込みましょう。『エイリアン』でもリプリーが似たようなことしてたっけね。


仲良く(?)『三ばか大将』を見るパワータイプの2人のエイリアンとか、宿舎の部屋にむき出し状態で付いてるトイレとか、例の手動装置でアイリスを開けるウォルターとかもツボだったんだけど、一番ツボで不思議だったのは日本の千円札を持っているシェパード。持ち込んだのはクサナギか?(笑) アトランティスにお店があるわけがないので、地球の通貨はもっぱら賭けに使われてるんだろうか・・・( ̄▽ ̄;(2010.2.8)

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE ATLANTIS top-page

▲HOME