ジャネット・フレイザー軍医(声:三輝みきこ)
(Dr. Janet Fraiser)


その豊かな経験を見込んで、ハモンド将軍が引き抜いてきた人物。SG-1や他のチームによって次々と持ち込まれる多くの奇妙な症例に対して、経験と卓越した判断力をもって治療にあたる、頼もしい存在。軍人としては小柄だが、医療の分野では確固とした威厳を放っている。その反面、女性らしい繊細さも持ち合わせており、オニールに対するカーターの気持ちに、いち早く気付いたりする。
ゴアウルドのニルティによって体内に時限爆弾をしかけられた異星人の少女・カサンドラを治療した後、彼女を養女として引き取った。(1-15(#15)「地球へ来た罠」

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【トリビア】

  • 離婚歴がある
  • 超能力などの事柄には懐疑的
  • 殉職時の階級は少佐
【出演エピソード】

テリル・ロザリー
(Teryl Rothery)→IMDb

生年月日:1962年11月9日
 出身地:カナダ、バンクーバー
  身長:5' 2"(157cm)
  愛称:Turtle/Terlene/The Ever Ready Bunny


13歳の時にダンサーとしてデビュー。ミュージカル『Bye Bye Birdie』で初舞台を踏んだ。『アニーよ銃を取れ』ではその才能を高く評価された。 『新アウターリミッツ』『Xファイル』などのTVシリーズや映画などで数多くの仕事をしてきたが、最も成功を収めたのは『スターゲイト』のフレイザー軍医役である。 声優としての才能もあり、たくさんのアニメに声の出演をしている。仕事がオフの時はウォーキングや乗馬、ローラーブレードなどをして楽しむらしい。

【トリビア】

  • ボディとアーニーという2匹の犬を飼っている。
  • パトリック・スチュワートの長年の大ファン
  • 2008年10月3日に女の子(Londyn Jean Alana Abrahams-Rothery)を出産した。

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME