ジョージ・ハモンド少将/中将(声:宝亀克寿)
(Major General/Lieutenant General George Hammond)


30年勤めあげた生粋の軍人。クウェート戦域とベトナムでの功績によって勲章を受けたことがある。ウエスト将軍の後任として、退役予定の1ヶ月前にSG基地へ赴任した。封鎖されたスターゲイトの管理という気楽な仕事をしながら、回想録の準備でもしようと考えていたが、ゴアウルドの襲来によって大きく思惑がはずれる。大統領とのホットラインを持ち、「スターゲイト・プロジェクト」最前線での最高責任者であるハモンド将軍は、規律と命令に従って非情な決断を下すこともしばしば。しかし、部下をとても大切にする人で、時には自らゲイトをくぐって部下の救出に向かうこともある。

アビドース作戦の後からSGプロジェクトに加わった彼だが、実はSG-1が誤って1969年にタイムスリップしてしまった時に、彼らと接触したことがある。カーターから受け取った“未来の自分”が書いたメモによってSG-1を助けた若き日のハモンド中尉は、数十年後SGプロジェクトに加わったのち、過去の自分へ渡すべく、同じメモをポケットに忍ばせておくのである。
シーズン7のラストでSGCを離れ、その後中将に昇進して、地球の防衛に関わる全組織(ホームワールド・セキュリティ)と南極基地を統括する総司令官に任命された。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【トリビア】

  • テキサス出身
  • 妻をガンで亡くしており、テッサとケイラという二人の孫がいる。
  • 2-3(#25)「地底の牢獄」で初めてゲイトをくぐった。
  • 1969年の月着陸のTV放送は、心臓発作で入院した父親の病室で見た。
  • SG-1が1969年にタイムスリップした際、オニールに539ドル50セント貸した。
  • SGCの司令官になって学んだのは「エイリアンの装置と接する時は常に慎重であれ」ということ
  • ベトナム戦争の時、親友の機が撃墜されるのを見た
  • SG基地の司令官室の短縮ダイヤル1番は孫の番号

【レギュラー降板後のゲスト出演エピソード】

【スターゲイト:アトランティスへのゲスト出演】


ハモンド大佐(Colonel George Hammond)

1-20(#20)「異次元の地球」

ダニエルが偶然たどり着いたパラレルワールドにいたハモンド。その世界では将軍ではなく、大佐としてオニール将軍の指揮下にいる。侵攻してきたアポフィス軍と戦い戦死した。


ハモンド中尉(Lieutenant George S. Hammond).....Aaron Pearl

2-21(#43)「タイムスリップ」

SG-1がタイムスリップして1969年へ行った時に出会ったハモンド。未来の自分からのメモを見て、4人に協力することに。



ドン・S・デイビス
(Don S. Davis)→IMDb

  本名:Don Sinclair Davis
生年月日:1942年8月4日
 出身地:アメリカ、ミズーリ州オーロラ
  身長:5' 8" (1.73 m)
没年月日:2008年6月29日(心臓発作)


『冒険野郎マクガイバー』でダナ・エルカーの代役を努め、以前にもリチャード・ディーン・アンダーソンと共演している。元アメリカ陸軍の大尉で、1970年代には韓国に駐屯していた。除隊後に大学で演劇やビジュアル・アーツを学び、俳優であるとともに、木工芸アーティストでもある。 『Xファイル』ではスカリーの父親を演じた。『ツイン・ピークス』にも出演しているが、どちらも軍人の役である。


All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME