ジャック・オニール大佐/准将/少将(声:有本欽隆)
(Colonel/Brigadier General/Major General Jonathan "Jack" O'Neill)


敵エイリアンの侵略から地球を守り、スターゲイトを使った探索では、可能な限り他の惑星から先進のテクノロジーを持ち帰るという任務を受けている。18歳で軍に入った彼は、軍人としての並はずれた才能を発揮する。特殊部隊に配属され、サバイバル技術、特殊武器や化学兵器の取り扱い、特殊戦術、暗殺・破壊活動などの訓練を受けた。敵地に取り残され、捕虜にされた経験もある。いくつも勲章を受けた優秀な士官だったが、息子の事故死をきっかけに一度退役。アビドース作戦に参加した後また退役していたが、ゴアウルドの襲来により再び現役に復帰した。

頑固で皮肉屋。強いリーダーシップでチームを引っ張る。科学者が苦手なオニールは初めカーターに反発心を抱くが、彼女の有能さや人柄に触れて心を開く。しかし、考古学的に価値のある物を発見した時のダニエルや、先進テクノロジーに触れた時のカーターなど、学者特有の反応は未だに理解しがたいようである。アウトドアが大好きで、たまに休暇が与えられると、きまって「ミネソタへ釣りに行く」と言う。その際、他のメンバーも無理矢理誘おうとするが、断られることが多い。パラレル・ワールドの彼はいつもカーターとカップルだったが、4-5(#71)「洗脳兵器ゼイターク」で、ついにこの世界のオニールもカーターへの気持ちを告白した。
(左上はナノサイトで老化したオニール:1-9(#9)「時の呪縛」

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【トリビア】

  • アビドース作戦の直前に息子のチャーリーが銃の暴発事故で亡くなり、一時退役していた
  • チャーリーの事故がきっかけで妻サラと離婚
  • 彼の軍役の10年間は機密扱い
  • アイルランド系アメリカ人。シカゴ生まれのミネソタ育ち。
  • 1-9(#9)「時の呪縛」の時点で40歳
  • 対マインドコントロール訓練を受けている
  • 趣味は星の観察
  • 1-18(#18)「凍りつく孤独」の件を含めて9回骨折。そのうち1回は頭蓋骨折。
  • 空挺部隊にいた
  • 一番ひどかった骨折は80年代にイラク国境で降下に失敗した時。非公式の極秘任務だったために誰も救出に来ず、9日かかって自力で脱出した。その原動力は当時の妻サラに会いたい一心。
  • これまで関与した中で最悪の作戦は、1982年に東ドイツで行ったソ連の諜報員を奪取する作戦。しかし屋根のスナイパーに気付かず、指揮官のマイケルズ大佐らが亡くなって失敗に終わった。当時のオニールの階級は大尉。
  • アポフィスの母艦を撃退した功績により国防殊勲勲章を受けた。(2-9(#31)「シークレット」
  • クロムウェルとの任務の際、誰かが奇襲を密告したせいで待ち伏せにあい、撃たれたオニールだけが敵地に残された。その結果、4ヶ月もイラクの監獄でこの世の地獄を味わった。
  • 自称、ストレスをほぐすことにかけては天才
  • ヨーグルトは嫌い
  • 憧れの人は女優のメアリー・スティーンバージェン(Mary Steenburgen
  • 花火の類は大好き
  • ヨーヨーはあまりうまくない
  • スカイダイビングは何百回も経験がある
  • “オールトの雲”を見るのは長年の夢だった
  • 胃は頑丈
  • SF嫌いなので『スターウォーズ』は見たことがない
  • ひねくれ者でストレートな対応はできないタチ
  • 地球を救った折りに“ホワイトハウスを自由に訪ねてもいい”というお墨付きをもらった
  • おべっかを使う奴より生意気な奴の方が好き
  • シンプソンズを毎週見てる
  • 名誉と誇りが行動の基準
  • 6-12(#122)「レプリケーター人間」の時点でのアイリス・コードは「903224637」
  • 死ぬ直前まで希望は捨てないタチ
  • 感情を隠そうなんて気は元々ない
  • 生年月日は1952年10月20日
  • エンシェントの記録保管庫のデータを全て内蔵できるほど生理学的に進化しており、明らかに一般の人類より一歩抜きんでている。
  • オニールの遺伝子には遺伝子操作を防ぐためのマーカーがついている
  • ハイスクールに良い思い出はない
  • メアリー・スティーンバージェンのファン
  • スペイン語が話せる
  • 子供と犬が好き
  • 原語版での彼の口癖は “For crying out loud” “What's going on?” など
  • 死んだ回数:計 回( 1-8(#8)「四次元の妖精」/)

【異性関係】

【レギュラー降板後のゲスト出演】

【スターゲイト:アトランティスへのゲスト出演】


オニール少将(Major General Jonathan "Jack" O'Neill)

1-20(#20)「異次元の地球」

ダニエルが偶然たどり着いたパラレルワールドにいたオニール。その世界では大佐ではなく少将で、SGCの司令官を努めている。カーター博士と婚約していたが、その世界のティルクの説得に失敗して彼に殺された。



リチャード・ディーン・アンダーソン
(Richard Dean Anderson)→IMDb

生年月日:1950年1月23日
 出身地:アメリカ、ミネソタ州ミネアポリス
  身長:6' 1 1/2"(186.7cm)
  愛称:Rick/RDA


幼い頃からアイスホッケーを始め、プロを目指すが16歳の時に両肘を骨折し断念する。
大学で演劇を専攻するが卒業を前に退学し、ニューヨークやサンフランシスコを渡り歩いた後、ロサンゼルスで大道芸などをやっていた。
1976年から、アメリカの長寿番組『General Hospital』に Dr.Jeff webber としてレギュラー出演し、人気を得る。
その後主演した『冒険野郎マクガイバー』が大ヒットし、世界的に有名な俳優となった。
後に、同番組のプロデューサーだったマイケル・グリーンバーグと共に「Gekko Film Corp.」を設立。
『冒険野郎マクガイバー』のスペシャル・エピソードなどを手がけるほか、『スターゲイト』の制作総指揮も担当している。
スケート選手のカタリナ・ビット、女優のララ・フリン・ボイルなど、数多くの女性と浮き名を流したプレイボーイ。1998年に当時の恋人エイプリル・プローズが女の子(Wylie Quinn Annarose Anderson)を出産したが、その後エイプリルとは別れたらしい。

‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥

【トリビア】

  • 弟が3人いる
  • 大学時代、“Ricky Dean and Dante”と言うバンドをやっていた。
  • ジョン・デ・ランシーとは仲の良い友達
  • 好きなTV番組は『シンプソンズ』

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME