Episode-Season1

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

1-17 17話 トラン人の謎
(Enigma)
■大規模な火山活動の最中にある星を訪れたSG-1は、ゲイト近くで倒れている10人の異星人を救出した。地球より進んだ技術を持つ彼らはトラン人だと分かるが、リーダーのオモクは地球人を原始的種族と言い、保護されたことを全く感謝していなかった。オモクによれば一般のトラン人の避難は完了し、彼らはゲイトを閉鎖する任務の為に残ったのだと言う。新しい移住先の星はゲイトシステムの圏外で、そこへ行くには宇宙船が必要。しかし地球にそんな代物があるはずもない。ハモンド将軍は意に染まぬ避難民となったトラン人たちをどこか余所の星へ移すことにした。

地球人を相手にしようとしないトラン人の中で、唯一ナリムという男性だけは友好的だった。自分を助けてくれたカーターに興味を持ったナリムはすっかり彼女に心を許し、カーターもまた知的で穏やかなナリムに好感を抱く。2人が急速に親しくなる一方オモクの頑なさは和らがず、まるで囚人のような地球人の扱いに態度は冷ややかだった。そんな中、トラン人たちが忽然と姿を消して基地中が騒然となる。基地の外で発見された彼らはただ星を観察していただけと言うが、どうやって衛兵の目を誤魔化したのかは不明だった。

やがて、オニールとティルクがトラン人の移転先を見つけてきた。光の国の神官ツープロがSG基地まで足を運び快くトラン人の受け入れを承諾するが、オモクは地球よりも原始的なその星をあっさりと却下してしまう。あまりに強情なオモクの態度には理由があった。以前、地球と同じレベルの星サリタを見つけたトラン人は彼らに自分たちの進んだ技術を伝えたが、サリタ人はそれを武器に使い滅亡。サリタ星の爆発が原因でトラン人もまた母星を失う羽目になっていたのだった。

【登場人物】


【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • カーター「温度、地表で摂氏926度。大気中で摂氏110度から800度の間を激しく上下しています」
    オニール「ロス並みにホットだ」

  • カーター「ここに住むことは考えてないの?地球に」
    ナリム 「僕なら喜んで住みたい。すっかり好きになった相手がいる。その相手と一緒にいられるなら・・・」
    カーター「(照れて目を伏せる)」
    ナリム 「シュレディンガーのことだよ(笑)」

  • オニール「将軍、トラン人たちの健康診断はフレイザー軍医がすっかり済ませたはずでは?」
    ハモンド「メイボーンには言うなと軍医に言っておけ。これでなんとか1日は稼げるだろう。その間に手を考えよう」
    オニール「あんたはいい人だ!」

  • ダニエル「国防総省や情報部なら分かるが、まさか大統領まで!彼に投票したのに!」

【印象的なセリフ】

  • メイボーン「大多数のアメリカ人より豊かに暮らせるんだ。綺麗な景色。最高の食事。欲しい物があれば何でも与える」
    オニール 「ただ1つ、自由を除いてな」
★カーターの恋愛遍歴の始まり(笑) 着てる服のせいか、オッサンぽい髪型が悪いのか、ナリムはさっぱり素敵に見えないのが残念。自分的には、シュレディンガーが登場するだけで「大好き!」と言えるエピだ(笑) 血統書付きじゃなく雑種なのがこれまた良くて、あのポテポテ感がたまらない。要所要所で「ウニャ♪」と鳴くのも最高(*^_^*)

大事なアイテム“UAV”と、メイボーンの初登場のエピでもある。上官のハモンドが返礼しないうちに敬礼をおろすのは単純ミス?それともメイボーンの失礼なキャラを表してるのか?(まさかね) 民間人の強みで堂々とトラン人を逃がすダニエルに苦虫をかみ潰す。さぁ、SGC対NIDのバトルのスタートだ(笑)

物質透過装置とか、宇宙をねじまげるメッセージ装置とか、自動的に体温に合わせる睡眠用パッドとか・・・トランの技術は素晴らしい。でも教えてもらえない。この葛藤も今後へ続く。手をひらひらっとさせるだけでゲイトを繋ぐノックスもスゴイ。どっちかと言うと、超能力の域に見えるけど。気の毒なのはツープロ。善人丸出しで歓迎してくれたのに、オモクに拒否された時の顔ったら・・・(@_@;) だから半魚人になっちゃうんだよ(ウソ)

………………………………………………………………………………

【 Stargate Rewatch レビュー / 2011.08.24 】

このエピは目玉がかなりたくさんありますね。キャラクターや種族、ロマンス。いろんなものが今後への布石になっています。挙げるときりがないので、私がここで注目するのはシュレディンガーだけにしておきましょう。何を隠そう(隠してないけど)私は大の猫好き。だからカーターがシュレディンガーを連れて来た時はすごく嬉しかったですね。欧米の作品では猫はいつも悪者扱いなので、この親善大使のような使われ方に救われます。

『アトランティス』ではマッケイも猫を飼っていたことが判明します。あちらは名前までは出てきませんでしたが、ペガサス銀河へ来る前にちゃんとご近所さん(それも美女)に預けてるあたり、彼も猫は大事に思ってるようです。オニールは犬でカーターやマッケイは猫っていうのは、やっぱりイメージで決めてるんでしょうかね。ラボにこもって好きな研究ばかりしてるオタクには、犬の散歩は似合わないですもんね (^^ゞ

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME