Episode-Season10

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

10-3 197話 ペガサス合同作戦
(The Pegasus Project)
■オデッセイ号ではるばるアトランティスへやって来たSG-1。発見時からアトランティスへ来る事を切望していたダニエルは、ようやく念願が叶い感動もひとしおだ。今回の訪問の目的は2つ。1つはマーリンの武器を探すこと。もう1つは、スーパーゲイトをオーライが使えないよう細工することだ。こちらからオーライ銀河への接続に失敗したカーターたちだったが、過去の経験からある作戦を思いついていた。

それは、まずスーパーゲイトに通常のゲイトを設置。そこへ、ペガサス銀河のブラックホールからエネルギー供給させたゲイトで接続する。両ゲイト間にワームホールが形成された後、巨大な爆発のエネルギースパイクでワームホールをジャンプさせ、スーパーゲイトとペガサス銀河を半永久的に繋いでしまおうというものだ。この作戦には緻密な計算が要求されるため、マッケイが同行することになった。

カーター、ミッチェルたちが宇宙へ出る間、ダニエルとヴァーラはアトランティスのデータベースで武器の行方を調べるつもりだった。ウィアーに案内され、データーベースのホログラフィック・インターフェイスを操作し始めた二人。地道な作業を嫌うヴァーラのしつこさに負け、ダメ元でカスティアーナとサハールについて尋ねたダニエルは、あっさり答えが返り唖然としてしまう。エンシェント語では、カスティアーナはタオス・ヴァクラルッシュ、サハールはヴァロス・コア。ホログラムはその位置まで示してくれた。

求めていた答えを得たにもかかわらず、ダニエルは釈然としないものを感じていた。古代英語はエンシェントがアトランティスを捨てて8千年後に話されていた言語だ。それを何故このデータベースが翻訳できるのか?次に、地球に逃れたランシャン市民の映像記録を一人ずつ見ていたダニエルは、データを案内するホログラムが実はホログラムではないことに気づいた。ホログラムのフリをしていたのは、あのモルガン・ル・フェイだった。

一方、ブラックホールに到着し作戦を開始したカーターたちは、首尾よく天の川銀河とワームホールを接続。しかし、ゲイト付近に撃ち込んだ1発目の核弾頭は威力不足で失敗し、核爆弾を2つにした2度目の爆発でもワームホールをジャンプさせることはできなかった。そんな中、アトランティスはオデッセイに向かっているレイス母船をキャッチ。ブラックホールの影響で直接オデッセイに通信できないため、まずSG基地へ連絡し、スーパーゲイトを監視しているティルク経由で警告しようと考える。同じ頃、ティルクの方では接近中のオーライ船を探知。両銀河で共に窮地に陥ってしまう。

【登場人物】


【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • (居眠りするダニエルを見て)
    ヴァーラ 「あんまり興奮してないみたい」
    ミッチェル「逆だ。クリスマス・イヴの子供と同じだよ」

  • (居眠りするダニエルの耳をこよりでくすぐりながら)
    ミッチェル「起きて、坊や。サンタのプレゼントを見たいだろ」

  • (一人でまくしたてるマッケイに)
    カーター 「マッケイ!」
    ウィアー 「カーター中佐、どうぞ続けてください」
    シェパード「今度しゃべったら撃ち殺す」

  • ミッチェル「しかし、いい所だな。羨ましいぜ、シェパード」
    シェパード「どうも。ペンキ塗り立てだ」

  • シェパード「健闘を祈ってるぜ。もしマッケイがグダグダわめいたら・・」
    ミッチェル「撃ち殺す」
    シェパード「それと、あいつは柑橘類アレルギーだ」
    ミッチェル「ほんとか?」
    シェパード「だからいつもレモンを持ってる。ヤツの口を閉じさせるにはコレしかない」

  • (ホログラフィック・インターフェイスを見て)
    ダニエル「5年生の時の担任を思い出す」

  • (ペガサス銀河から天の川銀河へゲイト接続して)
    ミッチェル「ティルク、ペガサス銀河から長距離コレクトコールだ。料金は払ってくれるか?」

  • ミッチェル「ばあちゃんがいつも言ってた。1度しくじっても2度目は・・」
    カーター 「よりデカイ熱核反応を試せって?」
    ミッチェル「なんで知ってるんだ?」

【トリビア】

  • オーライの先遣隊は4隻

  • この時点でアトランティスの都市調査はようやく半分程度が済んだところ

  • アトランティスのデータベースは、実際は子供向けの学習プログラム。なので、ホログラムの語り口調は子供に話しかけるようなものになっている。これはモルガン・ル・フェイがアトランティスを去るはるか前に作られた古いもので、そのままではウィアーたちの役に立たないと考えたモルガンは、内容改訂のつもりで探検隊が到着した時からホログラムのフリをしていた。
★気がつけばそこはアトランティス(笑) ついにSG-1もペガサス銀河へ。3-2「レイス人間」のエピで、ウィアーは宇宙船でアトランティスへ戻ったんだろうか?(アトランティスからはゲイトを開けるけど、地球からは無理??) 今回はとても楽しいエピだったけど、内容をしっかり理解するまでかなり時間がかかってしまった (^_^;

マーリンの武器探しはともかく、なんでスーパーゲイトの絡みでペガサス銀河まで来る必要があったのか?とか、スーパーゲイトの一点から吹き出す火柱はなんだ?とか、すごい悩んじゃったよ( ̄▽ ̄; 最初は「ティルクは出ないのかー!?」と思ったしね。作戦に必要とはいえ、一体どっから2つもゲイトを持ってきたんだか。一石二鳥は都合よすぎる気がするけど、スカッとした。

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME