Episode-Season10

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

10-14 208話 死の帳
(The Shroud)
■いつものようにプライアが訪れた星で話を聞いていたSG-1。そのプライアは他と違い、脅すことなくただ起源の書の功徳と真の救済を説いただけだと言う。初めて聞く平和的なプライアの存在に4人がいぶかっていると、そこへ問題のプライアが戻って来た。なんとそのプライアの正体はダニエルだった。

ダニエルが進んでオーライの教えを説くはずはなく、彼がアドリアに洗脳されたのでは・・・とカーターたちは考えた。しかし、大量虐殺の脅し文句を口にしないということは、まだダニエルの意識の一部が残っている可能性もある。なんとしてもダニエルを取り戻したいと考えたSG-1は、彼が村人に説教しているところを転送ビームで拉致した。オデッセイに現れるやザットガンで眠らされ、拘束されたダニエル。カーターが開発したアンチプライア装置のおかげで彼の超能力は封じられている。意識を取り戻したダニエルは「こうなることは僕らの計画通りだ」と言う。彼の中にはまだマーリンの意識が共存していたのだ。そして彼は自分のプランを話し始めた。

アドリアとの戦いで敗北したダニエルは、彼女の説得に負けたフリをしてオーライに転向したと思わせていた。マーリンの武器をみすみす渡すわけにはいかなかったからだ。やがて彼女の信頼を得たダニエルはプライアになったが、マーリンの守護のお陰で彼の意識はそのままだった。アドリアの方にもダニエルにこだわる理由があった。彼は地球人とヴァーラを改宗させるためのうってつけの人材だったし、自分ではマーリンの武器を完成できないからだ。マーリンの武器を手に入れれば、エンシェントとの戦いに有利になる。そんな彼女の思惑を利用し、ダニエルは武器の完成の一歩手前までこぎつけたと言う。今、ダニエルのプランは大詰めに来ていた。オーライ船を奪ってマーリンの武器ごと奴らの銀河へ乗り込み、オーライを一掃するのだ。そしてダニエルは、ペガサス銀河と繋がったままのスーパーゲイトを閉じて欲しいとSG-1に頼んだ。

SG基地ではオニールとウールジーも加わり協議が行われた。ダニエルが真実を語っているとすれば、オーライを一掃する千載一遇のチャンス。しかし、オーライが増援部隊を天の川銀河へ送りこむための、入念に寝られた策略かもしれない。オニールが直接ダニエルに会ってみたものの、100%信じきることはできなかった。マーリンとの共存は一時的で、あと1日もすれば自分は元の肉体と精神に戻ってしまうとダニエルは言う。早くしなければアドリアの疑いを招き、計画は失敗に終わるだろう・・とも。オニールの指示で嘘発見器代わりにダニエルと対面したティルクは、彼が真実を話していると感じていた。しかし、ダニエルが危険な存在であると判断したIOAは彼の抹殺命令を下す。

【登場人物】


【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • (プライアの姿になったダニエルに)
    オニール「それで、馬車が元のカボチャに戻るのはいつだ?」

  • ダニエル「信じてくれると信じてたんだぞ」
    オニール「どうして!?私が人の言うことなんて信じないのは知ってるだろう。たとえ相手の言ってることが理解できてもだ!」

  • カーター「(プランを尋ねられて)いかれたアイデアなら」
    オニール「クレイジー大好きだ。クレイジーとは相性がいい」

  • ダニエル「分かってると思うけど、君が必要になって呼んだ」
    オニール「嬉しいね。ずっと呼ばれなくていじけてた」

  • (プライアのダニエルと2人でオデッセイに乗って)
    オニール「いいね、昔を思い出すよ。違いは意思に反してここにいることと、おたくがシワじいさんだってことか」

【印象的なセリフ】

  • (ダニエル抹殺を指示するウールジーに)
    オニール「いいか、一度しか言わないぞ。ダニエルを殺したきゃその前に私の死体を超えて行け」

【トリビア】

  • ZPMとダニエルのお陰でオデッセイにステルス機能が付いた
★消息不明だったダニエルがプライアの姿になって再登場。はっきり言ってプライア・メイクのダニエルはキモイ。(オニールには“シワじいさん”呼ばわりされるし) シリーズも終盤になったせいかRDAの露出も大サービスで、ダニエルとの掛け合いは相変わらずユニークだ。申し訳ないけど、RDAがいるとミッチェルとヴァーラは添え物状態。やっぱ存在感が違うんだよね。

殉職したエマーソン大佐のあと、オデッセイの艦長はカーターが引き継いだのかな?他所では貫禄十分なのに、SG-1のリーダーにだけはなれないんだよね (^^ゞ 今回のダニエルの作戦はとても論理的なんだけど、高みの存在でもエンシェントは天の川銀河、オーライはオーライ銀河にいるっていう設定に違和感を覚えた。高みに昇れば居場所なんて関係ないのかと思ってたし。そこらへんを限定してあげないと、敵だけを排除することができなくなるんだろうけどさ。

2つの銀河で苦労してせっかく繋げたスーパーゲイトだけど、それを閉じろ!ってことに。ペガサス銀河側のゲイトの真後ろにマーク9核弾頭をぶち込めばいいってハナシだけど、あそこのゲイトはブラックホールの側にあるんじゃなかったっけ?核弾頭をどうやって持ってくんだよ〜〜?って、しばし悩んでしまった。(やはり転送ビームですか?>カーターさん)

さんざんあーだこーだ言って敢行した作戦だけど、最後は向こうからゲイトが接続されオーライ艦隊が登場。果たしてオーライは滅びたのか?今後の最大の敵はアドリアになるのか?オーライとレイスを対決させてみたい気もする(笑)

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME