Episode-Season10

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

10-15 209話 同窓会
(Bounty)
10-15 ■ここ最近SG-1はルシアン同盟のカーサ密売を妨害すべく、カーサが積まれたスペース・トレインの破壊工作を続けていた。度重なる妨害に怒ったネタンは、SG-1の首に賞金をかけて抹殺しようと企む。そんなこととは知らないSG-1は、久しぶりに基地から離れて別行動をとることになった。

カーターはリー博士と一緒にハイテクの発表会に出席。ダニエルはどこかの博物館で研究調査に没頭し、ティルクはジャファ共同体再建について協議すべく異星へ出かけて行った。高校の同窓会に出席する予定のミッチェルは暇を持て余しているヴァーラにつかまり、しぶしぶ彼女を同伴することにした。日頃の緊張感から少しだけ解放され、思い思いの時間を過ごすメンバーだったが、ティルク、ダニエル、カーターの3人が立て続けに襲われる事件が発生。SG基地ではSG-1が正体不明の殺し屋に狙われていることを知った。

一方、ミッチェルとヴァーラはミッチェルの故郷カンザスに到着。ヴァーラはミッチェルの両親に自分が彼の恋人であるかのようなホラ話をしていたが、当のミッチェルは高校時代に憧れていたエイミーと再会し、昔のときめきを思い出していた。そして同窓会がスタート。お互いの思いがけない告白でミッチェルとエイミーはいい雰囲気になるが、会場には賞金稼ぎが潜り込んでいた。

【登場人物】


【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • (同窓会について調べて)
    ヴァーラ「この行事は過去に共通の大きな組織に所属していて、現在はバラバラに暮らしてる人々が久しぶりに一堂に会する大イベント。再会した人はお互いの人生を評価しあうんでしょ。基準は物質的富と配偶者もしくは同伴者がどれだけ魅力的か」

  • (ヴァーラの射撃の腕前を見て)
    ダレル 「君、どこの部署で働いてるって?」
    ヴァーラ「経理よ。お金勘定」

  • (ダレルに口説かれて)
    ヴァーラ「亭主がいるの」
    ダレル 「あぁ・・・嘘だろ」
    ヴァーラ「夫のことはあまり話したくないけど、宗教に熱を上げてて銀河中の人類を征服するつもりでいるのよね」
    ダレル 「じゃあ、別居中?」

【トリビア】

  • キメラ(Chimera):アスガードのホログラム投影機を元にカーターが改良した装置

  • ミッチェルの母校の校内のあちこちで2つの張り紙が見られる。1つは「ピーター・デルイーズをクラス幹事に」で、もう1つは「ダミアン・キンドラーをクラス会計に」というもの。この2人はどちらも番組のプロデューサー。
★シリーズ・ファイナルまであと6話と迫り、今回はルシアン同盟との決着をつけるエピ。ま、さらっとスルーしてもいいネタではあるけどね (^^ゞ

今回の見所はやっぱりミッチェルの帰省と昔の思い人との再会でしょう。カンザスと聞いた瞬間『ヤング・スーパーマン』が浮かび、ミッチェル家を見た時は「ケント農場か!?」と思ったし(笑) 外壁の色がそっくりで、同じ建物かと思ってしまった。ミッチェルのホームタウンは人口2万人強のこぢんまりした町。そのまんまスモールビルな雰囲気だった。

「ヒマだから連れてってよ〜」ってねだるヴァーラの気持ちは分かるけど、彼女は男といると誘惑せずにいられないのだろうか? 本命はダニエルだとばかり思ってたら、ミッチェルの気も引こうとする。そのくせ、ダレルと戯れている時急にトーミンのことなんか持ち出したり。やっぱり彼女は意味不明だ。そんな彼女の基地でのお仕事は(対外的には)経理なんだそうな(笑)

今シーズンが始まった頃はミッチェルをカッコいいと思ったもんだけど、このエピの彼はなんだか1-5(#5)「悪魔の痕跡」の時の“汚れし者”みたいに見えた。眉間の盛り上がり具合が原始的な雰囲気を醸し出しててさぁ〜 (^^ゞ(ファンの人、ごめん) せっかくのロマンティックなエピなのにもったいない。エイミー役の女優は監督兼プロデューサーでおなじみのピーター・デルイーズの奥方です。監督の奥さんとキスシーンって緊張しそうだよね。

ルシアン同盟はどうでもいいんだけど、冒頭からなにげなく出てくる先端機器の数々がすごかった。カーサを運ぶスペース・トレイン、他人に成りすます変身装置(コレって3-14(#58)「侵略されたSG基地」のヤツ?)、ドアを一斉にロックしたりアルケシュを遠隔操作したりする装置、カーター改良のホログラム投影機“キメラ”等々、まるでハイテク大サービス。自分的には『銀河鉄道999』をイメージさせるスペース・トレインが一番ワクワクした(笑)

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME