Episode-Season3

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

3-15 59話 異空間裁判
(Pretense)
■未確認のトラベラーが接近・・・と思ったら一匹の猫がアイリスを通り抜けてきた。それは以前カーターがトラン人のナリムに贈ったシュレディンガーで、ナリム自身もアイリスを抜けてSG基地へやって来た。彼が来た目的はSG-1に“トライアド”と呼ばれる裁判への出席を要請すること。トライアドにかけられるのは、なんとスカーラだと言う。

トライアドが開かれるのはトランの新しい母星トラナ。ノックスと強力して作ったという独自のスターゲイトを備えた、整然として美しい星だ。トラベル最高議長と対面したSG-1はトライアドの詳細について説明を受ける。2日前、ゴアウルドの小型機がトラナに墜落し、救出されたスカーラはゴアウルドからの解放を求めたが、クロレルはそれを拒んだと言う。そこでトランの法に従い、トライアドで裁定を下すことになったのだ。

SG-1は保護されたクロレルと会うが、すぐにスカーラの意識に切り替わった。ゴアウルドの宿主への支配力を抑制する特殊な装置によって、どちらも自由に話すことができるらしい。トライアドで弁護士の役割をする“アーコン”として、スカーラはオニールとダニエルを指名。クロレル側にはジパクナ卿というゴアウルドがついた。そして、ノックスのライアが中立のアーコンとなった。いよいよトライアドが始まり、オニールとダニエルが議論を戦わせている間、カーターとティルクはジパクナの部下の動向を見張っていた。

【登場人物】


【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • カーター「あれが新しく作ったゲイトなの?」
    ナリム 「そうだ」
    ダニエル「僕らのよりスマートだ」
    オニール「サイズでは負けてない」

  • クロレル「貴様ら。よくも父を亡き者としてくれたな」
    オニール「礼には及ばんさ」

  • (命令を無視したティルクに)
    トラベル「私の警告を無視したのね」
    オニール「私のもだ・・・良くやった」

【印象的なセリフ】

  • (アーコンを選ぶ時に)
    スカーラ「オニールは強い。ダニエルは賢い。2人ともでは駄目なの?」

  • ダニエル「君らは人間に寄生して彼らの知識を盗んだ。人間だけじゃない。他の種族からも同様だ。スターゲイトも君らの技術じゃない。同じく盗んだものだ。僕の知る限り、君たちが自ら開発した技術などない。君らに知性を自慢する資格はない。ただの寄生虫だ」

  • (スカーラを“残りカス”と言ったジパクナの発言に対して)
    ライア「しっかりしたしゃべりよ。とても残りカスのしゃべれる内容ではありません」
★アイリスが歪んだ・・と思ったらシュレディンガーが!!ナリムはそんなに好きなキャラじゃないけど、シュレディンガーが絡むからいいんだよねぇ♪(=^^=) シャーレ亡きあと、スカーラが救われてまずはめでたし。でも、クロレルがジパクナにこっそり攻撃の指示を出してたなら、スカーラも分かるはずだと思うんだけど?? カーターにベタ惚れのナリムは、実はあんまり出番がなかった。

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME