Episode-Season4

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

4-8 74話 ゴアウルド惑星
(The First Ones)
■ゴアウルド発祥の地と思われるP3X-888で、SG-11と一緒に発掘作業をしてるダニエル。見つかった化石からは興味深い発見の連続で、ダニエルは夢中で作業にあたっていた。そんな時、発掘隊を何者かが襲い、意識を失ったダニエルを連れ去ってしまう。

それから間もなく、一人SG基地へ戻ったロスマン博士は、ウナスと思われる怪物がチームを襲ってダニエルがさらわれたこと、他の仲間はウナスを追いかけていることを伝えた。惑星888のウナスはゴアウルドではないかもしれないが、危険なことに変わりはなかった。

SG-2とロスマン博士を連れ、すぐさまオニールたちはダニエル救出に出発。途中見つかったSG-11のホーキンス少佐も加わって、一行はダニエルの行方を捜すが、なかなか手がかりは見つからなかった。そんな中オニールは、ホーキンス少佐の様子がおかしいと思い始める。

一方、ウナスの若者にさらわれたダニエルは縄で縛られ、森の中を連れ回されていた。エサにされるのでは…と恐れるダニエルは隙を見て逃げ出すが、あっけなく捕まってしまう。しかし、湖に棲むゴアウルドに襲われたダニエルをウナスが助け、2人の間には次第に奇妙な友情が芽生えていく。

【登場人物】


【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • (P3X-888へ出発する際に)
    オニール「質問は?」
    ロスマン「はい、あります!出発はいつなのかまだ聞いていません」
    オニール「今だ!!!」

  • オニール「これまでの彼と何か変わった点に気付かないか?彼らしくないとか」
    ロスマン「ああ、そうですね・・・どう見てもホーキンスにしか見えませんけど」
    オニール「確かか?」
    ロスマン「いいえ。専門外ですから」
    オニール「何のことだ」
    ロスマン「人間です。100万年前の化石なら朝食に何を食べたかまで言えますけど・・・生きてる人間となるとさっぱり分かりません」

  • オニール「ようし!頭ん中にヘビが入った者は手を挙げろ!」

【トリビア】

  • ダニエルが理解したウナス語
     「カー」→NO
     「ナン」→食べる
★言葉の通じない相手に喋り続けるダニエルの独り言が面白いエピソードだった。なんであのウナスの名前が“シャカ”だと思ったのか、イマイチ分からないんだけど。用心した水の飲み方を教え、飛びかかってきたゴアウルドまで退治してくれたシャカ。反対に、携帯食のクッキーを分け与えるダニエル。友情が芽生えなかったら、やっぱり喰われてたんだろうか?

見つけたゴアウルドの化石にクレオ(クレオパトラ)、ブルータス、ジュリアスと名付けるロスマン。愉快な“トロケツ-ロスマン”も、ゴアウルドの餌食に。ウナスも怖いが、ゴアウルドでいっぱいの湖はかなりコワイ。

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME