Episode-Season6

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

6-12 122話 レプリケーター人間
(Unnatural Selection)
■ハイジャックされたX-303(プロメテウス)でシモンズたちを倒したものの、現在地が分からず途方に暮れていたオニールたち。そこへタイミング良くトールが現れた。しかし彼が来た目的はオニールたちの救出ではなく、レプリケーターに占領されたアスガードの母星への救援要請だった。

SGCから託されたリースを分析したアスガードは、彼女の基本プログラムの中にレプリケーターを従わせるコア・コマンドの存在を確認。それを利用して罠を仕掛けた惑星ハラに全てのレプリケーターを呼び集めた。彼らの用意した罠とは、時空間膨張装置を使ってレプリケーターの周りに時空の泡を形成し、時間の流れを遅くするというもの。成功すればレプリケーターを一カ所に封じ込めた上で、アスガードは数千年をかけてその処分にかかれるはずだった。しかし装置は起動せず作戦は失敗に終わっていた。

アスガード最高評議会はレプリケーターとの戦いに勝てないと結論を出したが、オニールたちなら作戦次第で充分勝利も有り得るとトールは力説する。彼らの勇気と経験に加え、ローテクに興味を示さないレプリケーターに近づくにはプロメテウスはうってつけの船なのだ。「レプリケーターの支配する惑星ハラに飛び、壊された時空間膨張装置を元通りに修理した上で、レプリケーターに邪魔される前に起動して欲しい」とトール。あまりの難題に返事をためらうオニールだったが、放っておけば地球が滅びるのも時間の問題だ。トールの計らいで武器と食糧を補充したSG-1は、惑星ハラへと向かった。

現地に着いてみると時空間膨張装置が稼働しており、フィールド内は時間の流れが速くなっていた。星の表面はレプリケーターのブロックで覆われ建造物は1つだけ。装置のある場所へ入った4人は数人の男女と遭遇する。何と彼らは人間ではなく、レプリケーターが進化を遂げたアンドロイドだった。

【登場人物】


【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • (プロメテウスを指して)
    トール「レプリケーターはこれほど劣悪でお粗末な機械との融合は望まないはずだ」

  • トール 「奴らと戦えるのは君たちしかいない」
    オニール「バカで遅れてるから?」

  • (トールがSG基地から武器と食糧を転送したと聞いて)
    オニール「書類にサインはしたか?」

  • (大統領へと言うつもりで)
    オニール「司令官室の短縮ダイヤル1番を押されることをお薦めします」
    ハモンド「孫にかけろと?」

  • オニール「拒絶されたよ」
    カーター「作戦は中止ですか?」
    オニール「いやぁ、そっちはGOだ。それこそ全宇宙の運命がかかってると知った途端、大統領も将軍も1も2もなく賛成してね。死んだら立派な葬式を出してやると約束してくれたよ」
    カーター「では・・・断られたのは?」
    オニール「提案した名前だ」
    カーター「この船の?」
    オニール「ああ」
    カーター「あ、大佐・・・やはり“エンタープライズ”はマズイです」
    オニール「どうしてだ!?」
    カーター「プロジェクトのコードネーム“プロメテウス”でいいでしょう」
    オニール「ギリシャ悲劇だ。縁起が悪い」
    カーター「ではX303のままでいかが」
    オニール「あぁ・・・」

  • (銃のマガジン装着の練習をさせて)
    オニール「もう一度」
    ジョナス「手のマメがこれ以上増えたら、スピードは落ちる一方です」

【トリビア】

  • オニールの言った“エンタープライズ”とは『スタートレック』シリーズに出てくる宇宙船の名前。
★処女航海がハイジャックで始まり、アスガードやレプリケーターに鉄くず扱いされるプロメテウス。オニールじゃなくても縁起が悪いと思う(@_@;) 切羽詰まってるとはいえ、現地に向かいながら上官と相談しろとはトールも強引だよな。ヤバイ任務に向かいつつ、「名前はエンタープライズがいいんだいっっ」と駄々をこねるオニール(笑) さしずめワタシなら「“ホワイトベース”にしよう」と言うところか(爆) 

ファーストがオニールの頭に手を入れるシーンを見ていて、『バフィー』のグローリーが人間の脳を吸い取るシーンを思い出した。どっちにしても気持ちのいいもんじゃない。それにしても“レプリケーター人間”って・・・日本の制作会社にはセンスとかウィットというものはないのか!? 惑星ハラに残されたフィフスはアスガードに救ってもらえるのかなぁ? あのままじゃ、あまりにも可哀想すぎだよ。

ちょっと後味の悪いエピの中、ツボなシーンが1つ。「冷凍庫がまだ完成してないから」という理由でアイスをパクつくティルクとジョナス。それに混ざるオニール。カーターは真剣に仕事してるってのに・・・( ̄▽ ̄;

←『オニール、ティルクのアイスに手を出して睨まれる』の図

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME