Episode-Season7

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

7-3 135話 不安定なDNA
(Fragile Balance)
■ある朝、オニールのIDパスを使って一人の少年がSG基地へ入ろうとした。少年は自分がオニールだと言い張るが、どう見ても15歳程度にしか見えないその姿に、誰も彼の言葉を信じられない。しかし、これまでのミッションに関わる機密事項に通じていること、フレイザーの検査でオニールとDNAが同一であるという結果が出たことから、ハモンド将軍たちは少年をオニールと認めた。

「朝起きたら若返っていた」と言うオニール少年の言葉に基づき、SG-1は彼の自宅を調査。その途中オニール少年は、アスガードと会ったことを思い出す。彼の話がエイリアンの誘拐事件と似通っていると感じたダニエルは、他の事件との比較調査を開始。どの被害者の話もオニール少年の話と一致するが、彼らに肉体的な変化は見られなかった。そんな中、遺伝学の専門家チームによるDNA精密分析の結果、遺伝子構造の不安定さからオニール少年が間もなく死を迎えることが判明する。

【登場人物】


【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • オニール少年「ダニエル!私が誰か言ってくれ。頼むよ」
    ダニエル  「いいとも。君は誰?」

  • オニール少年「カーター、お前はトクラのジョリナーに寄生され彼女の命をもらった。ダニエル!おたくはこの間まで高みの存在だったが、ルールを破り記憶を消されてオーマ・デ・サラ・ファンクラブを追い出されて戻ってきた!ティルクとブレイタクはゴアウルドの待ち伏せにあいヘビ小僧を失った。(ティルクに)今朝はちゃんとトレトニンを摂ったか?」

  • ハモンド「それまでは彼をできる限り歓待するしかないな」
    カーター「テレビゲームを買ってきます」

  • オニール少年「おたくら、この状況を楽しんでるだろ。白状しろ」
    カーター  「だって、キミ可愛いもの」

  • ティルク  「しかし、若い体でいいこともあるんじゃないか」
    オニール少年「いいや、感じないけど。例えば!?」
    ティルク  「健康とか、活力が増したとか」
    オニール少年「・・・活力は充分にあったつもりだ。どうも!」

  • カーター  「せっかくのまたとないチャンスよ。戻るまでは楽しんだらどう?」
    オニール少年「・・・・・」
    カーター  「・・ですか」

  • オニール少年「そういや昨日は誕生日だったよ」
    ダニエル  「30回は増えてるな」

  • ハモンド  「ジャック、分かって欲しい。私も難しい立場に立たされておるんだ」
    オニール少年「寝る前はCNN、起きたらMTV世代になってた自分も充分に難しい立場ですがね」

  • カーター  「いかがですか」
    オニール少年「そうだな、ニキビに悩まされてる。それに・・あぁ、思春期の悩みはあるが、まぁそれ以外は極めて快調だな」

  • オニール少年「納得できない。我々はレプリケーターからあいつらを救ってやった。そのお礼が若返っての早死にか!?」

  • オニール「おい!ふざけるなよ。7日の間何も知らないまま小便垂れ流しで眠らされて、目覚めたらガキの自分とご対面。これこそ間違いだろ!」

  • オニール少年「あのな、種の滅亡に比べたらセコイ滅亡だが、私はどうなる?」

  • (高校生からやり直すというオニール少年に)
    オニール  「本当に耐えられるのか!?周りはみんなガキだぞ!」
    オニール少年「・・・・・」
    オニール  「わかった・・・ゆけ、若者」

【トリビア】

  • ドクター・モローとはH.G.ウェルズの小説『モロー博士の島(The Island of Dr. Moreau)』の登場人物で、動物を人造人間にする実験を行ったマッド・サイエンティスト。
  • エイリアンに誘拐された若き日のパメラを演じたジョーイ・シーアはサイラー軍曹役ダン・シーアの娘
★なんとラスト14分までRDAは登場しない。“RDA出演時間短縮作戦その1”か? 久しぶりに『スターゲイト』の面白さの真髄をついたような愉快なエピソードだった。クローン役の少年がなかなか上手くオニールのクセを掴んでいるなぁ〜と思っていたら、けっこうキャリアのある子らしい。なまじチョイ役の大人の役者より、いろんなドラマに出ているようでビックリ (^^ゞ このエピソードはオニール少年のセリフがほとんど皮肉やジョークなので、全部が見どころと言ってもいい。

若返ってもやっぱり釣りに行くオニール。しかも、ハイスクールにいい思い出がないと? 勉強はあまりしなかったけど、それ以外は楽しんでいたのではなかったのか?? (^^ゞ(3-5(#49)「捻れたIQ」より) 加えて面白いのがティルク。いつの間にかパソコンをバリバリ使いこなしているし、言葉を濁すカーターの横で「お前はクローンだ」とズバリ言ってしまう。セリフ少ないのに印象強いんだよなぁ…。

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME