Episode-Season7

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

7-12 144話 究極戦士
(Evolution Part2)
■ダニエルとリー博士がホンジュラスの反政府ゲリラに拉致されたという知らせでSG基地に緊張が走る。72時間以内に身代金を払わなければ2人は殺されてしまうが、政府の対応はマニュアル通りで、公式に身代金が支払われることはない。そこでオニールは、2人の居所を知るというホンジュラスのCIA工作員バークと協力して救出にあたることになった。過去に因縁のあるこの二人は、途中言い合いをしながらも撃たれたガイドを保護する。

その頃、ダニエルとリー博士は寺院で見つけた装置のことを話せとゲリラから拷問を受けていた。ダニエルは必死に耐えるが、リー博士は我慢できずに全てを話してしまう。リーダーのラファエルは装置を起動させ、その影響を受けた彼はどんどん邪悪に。ついに仲間までも殺してしまう。装置の恐ろしい副作用を目の当たりにしたダニエルは、なんとか逃げだそうとする。

一方、タルタロス星にアヌビスの基地があると突き止めたカーターたちは、情報収集の為にその星へ潜入。内部を調べるうちに、出産の準備をするゴアウルドの女王を発見する。

【登場人物】


【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • ロヘリオ「二人を助けて」
    オニール「・・・」
    ロヘリオ「お願いだ。まだ金をもらってない」

  • バーク 「あのゾンビ野郎はなんだ!?」
    オニール「あー・・」
    バーク 「機密か?」
    オニール「ああ」
    バーク 「ろくでもねぇ仕事やらされてんだな!」

  • (不死身の戦士の襲撃を受けて)
    ブレイタク「ティルク、やられたか?」
    ティルク 「ええ」
    ブレイタク「どこだ」
    ティルク 「プライドです」
★やっぱりブレイタク&ジェイコブの年寄りコンビは最高(笑) 60歳すぎてダースベーダーばりのスーツを着ちゃうジェイコブ。老体2人で手際よく戦士を片づけるあたり、ティルクの言うとおり、確かにプライドがやられるよね (^_^; 不死身の戦士を「10名はおるまい」とジェイコブは言ったけど、結局何千人といたわけなのね。でも何千はオーバーじゃないの?あのシーンの戦士たちの動きがなんかヘンで、思わず繰り返し見てしまった。ゲリラのリーダーの名前がラファエル(大天使と同じ名前)なのがちょっとツボだった。

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME