Episode-Season7

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

7-15 147話 夢とロマンス
(Chimera)
■デンバーに住む兄マークの紹介で、ピートという恋人ができたカーター。付き合い始めたばかりの二人は、毎日デートを重ねて関係を深めている。カーターは自分の仕事について真実を語ることができず、北米航空宇宙軍で深宇宙の観測をしていると嘘をついていたが、基地内でも思わず鼻歌が出てしまうほど気持ちは華やいでいた。そんな彼女の変化にオニールも気付き、複雑な思いながら祝福の言葉を述べる。

同じ頃、ダニエルは夜ごと奇妙な夢を見ていた。それはシカゴの研究室でサラと働いていた頃の夢だったが、何故か夢の中のサラは失われた都市の道しるべが書いてあるあの石版を持ち込み、ダニエルにその解読を促すのだ。ダニエルから夢の話を聞いたカーターとティルクは、高みの存在だった頃の記憶を無意識に思い出そうとしているのでは…と分析する。しかし眠っているダニエルの傍らには、オシリスの姿があった。

【登場人物】


【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • ピート 「宇宙観測なんて1日くらい延ばしてもいいだろ?」
    カーター「宇宙にいくつ星があるか、あなた知ってるの?」

  • (あくび連発のダニエルに)
    カーター「せめて興味あるフリだけでもして!」

  • (エレベーターでばったり会って)
    カーター「大佐(Colonel)」
    オニール「カーター(Carter)」
    ダニエル「コーヒー(Coffee)」

  • オニール「ハミングか!?」
    カーター「してました?」

  • オニール「彼氏、名前は?」
    カーター「なんでそんな…!」
    オニール「ハミング」

  • オニール「お前が素粒子とかクォークとか以外に幸せを見いだしてるのを見て、私も…幸せだ」

  • サラ  「ねぇ博士、私、あなたの書かれた本は全部読んでるの」
    ダニエル「全部?」
    サラ  「ええ」
    ダニエル「時間のムダだな」

【トリビア】

  • カーターが語った“これまで付き合った男性はみんな死んでいる”というジンクス。実際次の男性が亡くなっている。
    • ジョナス・ハンセン大尉
    • ナリム
    • マートフ
    • オーリン
    • ジョセフ・ファクソン大使

  • エレベータの中でカーターがハミングしていたのは『スターゲイト』のテーマ曲

  • カーターはコロラドスプリングスに動物園はないと言ったが、実際はシャイアン・マウンテン・ズーと呼ばれる動物園がある。

  • ピーター・デルイーズの身内が登場するエピソード(ピート役のデヴィッドは末の弟)
★今回は今後に繋げる為のエピソードのような気がした。7-13(#145)「グレース」で父ジェイコブから人を愛することの大切さを説かれたカーターは、早くも恋人をゲット。以前はジーズンで颯爽と歩いていたものだけど、今では意味もなくセクシーなドレスを着て朝っぱらから恋人とじゃれ合っている。  そんなカーターのハミングだけで彼女に恋人が出来たと分かるオニールに、ちょっと悲哀を感じてしまう。

そしてこの恋人のピート。はっきり言って、ぜんぜんカーターとお似合いじゃない。顔はやぼったいし、背もカーターとほとんど違わないし、第一、相手が空軍少佐だと分かっていて仕事の詳細を教えろなんて、コイツ馬鹿じゃないの!? そして、どうしても秘密を打ち明けられないカーターを、FBIの知人を使って調べるなんて! 極めつけは勝手に尾行して、勝手にしゃしゃり出てきてカーターの足を引っ張るようなマネをする。そんなピートを非難することなく「あなたが元気になったら全て話すわ」なんて言うカーターもどうかしているとしか思えない。じゃあ、SGCで働いている人はみんな、奥さんや旦那さんにスターゲイトのことを話すのか?( ̄▽ ̄; 

このエピでの唯一の救いは、シャーレを救えなかったダニエルがサラを救えたことかな。それにしてもダニエルって、眠る時に布団かけないのね。。。あと、エレベーターのシーンでオニールが降りたのはレベル28になっていたけれど、あそこって最下層じゃなかったっけ?そこで降りないカーターは一体どこへ行く気だったんだろう?(@_@;)

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME