Episode-Season8

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

8-4 158話 司令官の多忙な5日間
(Zero Hour)
■SGC司令官としての激務に追われ、そのあまりの忙しさに閉口気味のオニール。そんな時、司令官補佐の為に新しい事務官ギルモアが着任した。ハモンド将軍のご指名と聞いてオニールは歓迎するが、型破りな彼を目の当たりにして、ギルモアは眉をひそめる。

そんな時、SG-1から元アヌビス領の星のアドレスが分かったと報告が上がる。そこはまだバールに発見されておらず、放棄された基地には、置き去りにされた武器もあると思われた。ゴアウルドの先手を打つため、カーターは一刻も早い出動を希望するが、スケジュール上の理由でオニールは却下。翌日の出動を命じる。それに加えてSG-3の支援を付けられたことで、カーターは少しヘソを曲げてしまう。

翌日、交易協定の為にSGCへ来ていながら、仲間同士で言い争いを続けるアムラの外交使節にお灸を据えたオニールは、SG-1と3の出動を見送った。P2X-887へ着いたカーターたちは、SG-3をゲイト前に残して基地を探しに出発。しかし間もなく消息を絶ってしまう。その後、SGCにバールからメッセージが届く。SG-1を預かっているというバールは、3人とカムルスとの交換を申し出た。

あくる日、SG-1に関する情報が掴めない中、カムルスが軟禁中の施設から移送されてきた。亡命を希望したものの囚人扱いを受けて不快さを顕わにしていたカムルスだったが、オニールの説得でエンシェントの作った装置が残っている星の座標を教えた。SG-3はそこから、まだエネルギーの残っているZPMを持ち帰った。

一方、数日前にP6J-908からSG-8が持ち帰った植物に、リー博士たちは手を焼いていた。わずかな光でとてつもなく成長するその植物は、瞬く間に基地全体に繁殖し、そのせいで基地は停電。コントロールシステムも停止し、ゲイトが使えなくなってしまう。

【登場人物】

  • オニール‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥SGC司令官
  • カーター‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥SG-1
  • ティルク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥SG-1
  • ダニエル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥SG-1
  • ハリマン軍曹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥コンピュータ担当SG隊員
  • サイラー軍曹‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥メンテナンス担当SG隊員
  • レイノルズ大佐‥‥‥‥‥‥‥‥‥SG-3
  • リー博士‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥SGCの科学者
  • デイビス少佐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ペンタゴンの軍人
  • マーク・ギルモア‥‥‥‥‥‥‥‥新事務官
  • カムルス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ゴアウルド支配階級
  • バール‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ゴアウルド支配階級

    John Prior(President's Advance Man).....Michael Ryan
    Technician #2.....Pierre Bernard
    Amra Delegates.....Jesai Jayhmes
    Amra Delegates.....James Ashcroft
    Jaffa.....Ken Kirzinger

【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • (出動するカーターを見送りながら)
    オニール「一緒に行きたいところだが、今日は大事な努めがある。ビュッフェの新メニューを試食だよ」

  • (停電の理由をリー博士に尋ねに来て)
    オニール「電気代は滞納してないぞ!」

  • (ゲイトの故障をバールに説明しながら)
    オニール「カーターがいれば簡単に治してくれたはずだ、指を鳴らす間にな。(サイラーに向かって)気を悪くするなよ」

【トリビア】

  • ゲイリー・ジョーンズ演じる“Technician”の苗字はこれまで“デイビス”とされていたが、なぜかこのエピソードから“ハリマン”に変わったらしい。(IMDbでも“Walter Harriman”で統一されている。)
★冒頭から表示される「ゼロ・アワーまで○○日」の文字。「ゼロ・アワーとは何だ!?」と思ったら、大統領が視察に来る日だったらしい。それで幔幕なワケね・・・。さっとコーヒーを差し出すウォルター。その後もオニールにスケジュールの説明をしながら付いて歩く。彼はいつから司令官の秘書になった? (^_^;

思惑通りにいかず拗ねるカーター。今シーズンになって笑顔が増えたティルク。出動するSG-1を見て羨ましそうなオニール。それぞれに変化が見られるけれど、ダニエルだけは前と同じか。いつもはRDAの出番を減らそうという演出が多いのに、今回は全くの逆。RDAが出ずっぱりで、他の3人はほとんど出ない。その分、来週以降、RDAが出なくなりそうでちょっと心配。

今回のエピで、ハモンド将軍の偉大さを痛感するオニール。7年間ずっとあの激務をこなしていたのだとしたら、一番スゴイのは、やっぱハモンド将軍なのかもね。(笑) 「手遅れじゃないか?」と言うギルモアに反論するレイノルズ大佐のセリフがちょっと泣かせる。ところで、ジャファ反乱軍とトクラとは、袂を分かったのじゃなかったっけ?地球を加えた3つの種族の協力関係は白紙に戻ったけど、それぞれとSGCはまだ仲良しだった?

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME