Episode-Season8

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

8-7 161話 危険な隣人
(Affinity)
■7年間ずっとSG基地で暮らしてきたティルクが、アパートを借りて念願の一人暮らしを始めた。近所の住人にはモザンビーク出身だと話し、額のバースマークについては“アフリカの部族のトレード・マーク”と言って誤魔化している。親切で礼儀正しい彼は周囲の人々から好かれているが、持ち前の正義感の強さからトラブルを見過ごすことができず、更に騒ぎを大きくしてしまうことも度々だった。

ティルクの動向に神経をとがらせている特別捜査局のケンドリック大佐からクギを刺されたオニール。彼の頼みでティルクの部屋を訪れたダニエルは「他の住人と同じように振る舞い、目立たないようにしろ」と忠告する。ティルクは忠告に従いトラブルに関わらないと決めたものの、やはり困っている人を見過ごすことはできず、近隣の住人からはヒーロー視されつつあった。

ティルクの隣に住むクリスタも彼を頼もしく思っている一人で、ある夜、ティルクは彼女が恋人のダグともめているところに仲裁に入る。仕事をクビになって以来、酒を飲んでは暴力をふるうダグに嫌気がさしたクリスタは、ティルクの忠告に従い彼と別れることに。しかし、その後もクリスタとダグの関係は続き、暴力をエスカレートさせるダグに、ティルクは怒りの言葉をぶつける。あくる晩、クリスタは涙まじりにダグとの別れを打ち明け、ティルクに遠くへ行きたいとすがった。そんな彼女の願いを聞き入れティルクが車を飛ばしている頃、SG基地ではティルクがダグ殺害の容疑で指名手配されたという知らせが入っていた。

一方、カーターは順調にピートとの交際を続けていた。スターゲイト計画について打ち明けられ、全てを受け入れたピートはカーターにプロポーズ。しかし、危険な仕事が足かせとなって結婚に踏み切れないカーターは2週間たっても返事ができず、彼女の様子を心配したオニールにアドバイスを求める。

【登場人物】


【面白セリフ】

  • ダニエル「東アフリカのマサイ族の間では、結婚すると男は花嫁の心を知るため、1ヶ月間彼女の服を着て過ごす」
    カーター「そんなんで分かればいいけど」

  • オニール「自分がこんなことを言うとは信じられないんだが・・・報告書をくれ!」

  • (様子がおかしいカーターに向かって)
    オニール「この2日間、私を難しい科学用語で悩ませていない。これは危険信号だ」
★冒頭から派手なシャツを着たティルクに意表をつかれた。これまで軍のユニフォーム以外でも地味な服装の多かったティルクが、どういう心境の変化か、一気に“オシャレさん”に変身。髪の毛に、笑顔に、お洒落な服装・・・一体どうしたんだ、ティルクよ?( ̄▽ ̄;
8-3(#157)「監禁基地」で引っ越しが決まったと言っていたティルク。その言葉通り、普通の地球人と同じ暮らしを始める。「額のバースマークをどうするんだ!?」と思っていたら、“アフリカの部族のトレードマーク”という言い訳をちゃんと考えていたらしい。

そしてお隣さんのクリスタとの絡みが、今回の目玉の1つ。彼女がクッキーをビニール袋に入れて持ってきたのにも驚いたけど、ティルクと一夜を共にしたのには超ビックリ。ティルクの息子ライアクとの方がつり合いそうな年頃だし、だいたいティルクにはイシュタという恋人がいるんじゃなかったのか!?(8-1(#155)「新しい秩序 前編」でも、定期的に連絡を取っていると言ってたよね) そのうちダニエル顔負けのレディ・キラーになってしまったらどうしよう・・・(@_@;)

二人が部屋でトレーニングするシーンは、『バフィー』で見たバフィーとエンジェルのトレーニングシーンを思い出させた。あのロマンチックな雰囲気よりも、私はティルクの筋肉のスゴさと、幼生が入っていた腹がどうなったのかが気になって、気になって・・・ (^^ゞ それにしてもティルクさん、クリスタがさらわれたことに気が付かないってどうよ?仮にも戦士だろ〜〜。彼がひったくりを倒すシーンは『クロコダイル・ダンディー』みたいだった。ダニエルが触れていた“公園でのティーン・エイジャーと老人の事件”と“犬を連れた男の事件”も、いつか詳しく描いて欲しい。

そしてもう1つの目玉はカーターの私生活なんだけど、私がとても好きじゃないピートがまたしても登場。彼からのプロポーズに2週間も悩んだから、てっきり断るかと思ったら・・・OKするなよ、カーター! しかもあんな場所で!( ̄▽ ̄; 今回ピートがちょっと優秀な刑事のように描かれているのが、更にしゃくに障る。担当の刑事が見過ごしたことを、どうしてピートはああも簡単に気付くんだろう?? カーターと付き合った男はみな死ぬというジンクスよ、COMEBACK!! 

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME