Episode-Season9

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

9-7 181話 今そこにある危機
(Ex Deus Machina)
■バージニアの田舎道でジャファのひき逃げ死体が発見された。バースマークからゲラクの部下と分かったものの、何故地球にいたのかはまるで謎だ。そこでティルクがゲラクへ直接尋ねることになり、その間ダニエルとカーターは現場近くの町エディソンについて調べることになった。

現場のすぐ側にはファロウ・マーシャルという航空関連企業の工場があり、半年前に閉鎖されていた。加えて、その会社の最高財務責任者が昨日から行方不明になっているらしい。失踪した重役ジェームソンの妻と会ったダニエルは、半年前から彼の様子がおかしかったことを聞かされる。当初、浮気を疑った妻は探偵を雇って調べさせたが、なぜかその探偵はすぐに調査を打ち切ったと言う。一方、カーターはファロウ・マーシャル社を訪ねて副社長のシャーロッテと面会したが、彼女は一切の質問に対して知らないと答え、早々にカーターを追い払った。

CIAがジェームソン夫人の提供してくれた写真を調べて特定できた人物は、どれもそれぞれの分野で成功を収めた世界的な実業家ばかりだった。特に気になるのは、ある企業の創始者である2人が6ヶ月前に失踪していることで、オシリスの船を破壊した頃に合致する。ゴアウルドがザ・トラスト内部に浸透したことは明らかであり、そのザ・トラストは世界の政府機関や企業に繋がっている。全員の捕縛に失敗していたとしたら、ゴアウルドは今も地球に潜んでいることになるのだ。

一方、ダカラへ行ったティルクとミッチェルはゲラクに死んだジャファのことを尋ねるが、何も知らないとあっさりかわされたていた。ティルクはゲラクが嘘をついていると考えていたが、みんな彼を恐れて意に逆らうことは口にしようとしない。そんな中、評議員の一人であるカレルは、バールが逃げ延びて地球に潜伏しているという情報を漏らした。

カレルの話が正しければ、バールは9ヶ月前から地球にいることになる。信憑性の高い説である上に、ゲラクがそれを信じているなら捜索はこの先も続くはず。バールの捕縛はゲラクにとって政治的な勝利を意味するからだ。ゲラクはSGCがバールを先に見つけることを喜ばないだろうし、ジェームソンも彼に捕まった可能性が大だ。

その頃、SGCの推測どおりゲラクに捕らえられていたゴアウルド(ジェームソン)は、拷問を受けてバールの居場所を吐いていた。ジャファたちはファロウ・マーシャル社へ突入し、激しい撃ち合いになるが、バールは逃走。やがて、バールからSGCへビデオメッセージが届けられた。バールは、余生を地球で静かに過ごしたいこと、その見返りとして地球の法に従うことなどを語ったあと、保険として地球のある場所にナクアダ爆弾を仕掛けたと宣言する。

【登場人物】


【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • ダニエル 「それでも侵入者の特徴を覚えてた。額にタトゥー、鎖のズボン」
    ミッチェル「ジャファか、全国ツアー中の“KISS”か、どっちかだな」

  • バレット「今はフリーなんだ?」
    カーター「でもない・・・かな」

  • (転送ビームでカーターが消えた後で)
    バレット「プロメテウスか」
    ダニエル「空飛ぶ駅馬車さ」
★本当にカーターがSG基地へ戻ってきた。そしてSG-1シールを3人に配るミッチェル。ついに新生SG-1の誕生。長いよ、まったく・・・(@_@;)

ここでまたバールの登場とはね〜。プライアはどうするんだよー?クローンを作ったって言うけど、人間と幼生の両方を作ったってことなのかな?なんにせよ、全てが空回りでティルクには気の毒な展開だった。

ジャファたちに会いたがっているという設定でトクラの名前が登場。果たして何人が生き延びてるのか。バレットはまだカーターに気があったのね(笑) ピートと別れて自分にも可能性が!?と思ったら、カーターはフリーじゃなかった。てか、はっきりオニールのことだと言ってよー (^_^; カサンドラといいケリー・ジョンソンといい、名前だけ登場のヒトがいっぱい。カサンドラ、また出ないかなー?

で、今回のツボは、ビル街に降り立つテルタク!!! 8年以上やってて、こんな図初めて。しかも、ビルごと宇宙へ転送しちゃうし (^_^; カーターの“駅馬車”移動といい、やることが大胆になってきたなぁ(笑)

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME