Episode-Season9

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

9-20 194話 神に抗う者
(Camelot)
■思いがけずヴァーラがもたらした情報により、SG-1は差し迫ったオーライの銀河侵攻作戦を知った。そこで彼らはマーリンが開発していた対オーライ兵器を求め、彼が記したアドレスの星へ。4人はアーサー王ゆかりのキャメロットという村にたどり着き、そこにマーリンの書庫が残存していることを知る。しかし、この村ではマーリンは闇の魔法使いとして忌み嫌われており、書庫も立ち入り禁止。しかも強い呪いがかけられていて、中には入れないと言う。マーリンの聖地に足を踏み入れる者は、その守護者である黒の騎士に命を奪われるという言い伝えまであるのだ。

村を探索中に知り合った少女ヴァレンシアの案内で、マーリンの書庫の在処は分かったが、鍵は古文書館にあるという。ダニエルは村の歴史家であるアントニウスを説得し、中へ入れてもらうことになった。クモの巣だらけの書庫には大量の書物。そして隠し部屋の奥には、エンシェントのコントロール装置があった。4人が装置を調べ始めたその時、外で悲鳴が響き渡る。怖くなって一足先に帰ったアントニウスが、黒の騎士によって殺されたのだった。彼らが書庫に入ったことを知って怒るミューリク。4人はオーライの脅威について説明し、武器を探していることを話すが、即刻村から出ていくよう言われてしまう。マーリンの呪いを恐れるミューリクに「魔法なんかない!」とダニエルが説明する中、SG-1はビームによってオデッセイ号へ転送された。

エマーソン大佐によれば、P3Y-229の近くで完全なスーパーゲイトが発見されたため、トクラやジャファと全力を挙げてその破壊にあたるのだと言う。そんな中、マーリンの武器発見に意欲を見せるダニエルと、彼の護衛役に志願したミッチェルの2人だけは、ビームで書庫へと戻った。黒の騎士が現れたのは4人がプラットフォームに上がった瞬間らしい。奴を消すには正しいコードをパネルに入力すればいいはず。しかしそれには膨大な書物を調べ上げる必要があった。めぼしい本を調べてコードの当たりをつけたダニエルは入力を試すが、間もなく悲鳴が聞こえてきた。作戦の失敗を知って外へ駆けだしたミッチェルは、以前アヴァロンの洞窟で対決したのと同じ黒騎士の姿を見た。

【登場人物】

  • ダニエル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥SG-1
  • ティルク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥SG-1
  • カーター‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥SG-1
  • ミッチェル‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥SG-1
  • エマーソン大佐‥‥‥‥‥‥‥‥‥オデッセイ号の艦長
  • マークス少佐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥オデッセイ号のクルー
  • ヴァーラ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥女盗賊
  • チェホフ大佐‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥国際監視委員会のロシア代表
  • ヴァシール‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥アスガード
  • ミューリク‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥キャメロット村の村長
  • アントニウス‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥キャメロット村の歴史家
  • ヴァレンシア‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥キャメロット村民
  • ネタン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ルシアン同盟
  • マーリン‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥エンシェント

    Cha'ra.....Noah Danby
    Ramus.....Connor Crash Dunn
    Korolev Pilot.....O. Feoktistov
    Black Knight.....Nicholas Harrison
    Netan's Lieutenant.....Bruno Verdoni

【関連エピソード】


【面白セリフ】

  • (マーリンの伝説を挙げて)
    ダニエル「アヴァロン、アトランティス」
    ティルク「イースター・バニーは?」

  • (本を落としてミッチェルを起こし)
    ダニエル 「失礼、起こす気はなかった」
    ミッチェル「眠っちゃいないぜ、ケルノリームだ。ティルクに基本を習った」
    ダニエル 「意識は保ったままと習わなかったか?」

  • (ダニエルが得た情報について)
    ヴァシール「対オーライ兵器と呼ばれる物の正体を推測するには充分な量だった」
    カーター 「ほんと?私には見当もつかない」
    ヴァシール「ほんと?」

  • ダニエル「魔法なんてないんだ!」
    (ビームで転送されて)
    ダニエル「今日はタイミング悪すぎ!」
★まぁ、絵に描いたようなクリフハンガーで(笑) こんな絶望的な終わり方(続き方?)しても、次のエピではあっさり危機回避されていくんだろうね (^^ゞ 「ダイダロスは今でもペガサス銀河にいる」とか、またしても微妙なアトランティスネタが出てきて、放送シーズンがズレてるのがほんとに嫌になる。プロメテウスが撃沈されたエピで一度地球へ戻ってなかったっけ?

ラストシーンでは地球、ジャファ、トクラ、ルシアン同盟にオーライと、いろんな宇宙船が入り乱れての戦闘だったけど、コレはイイ!と思う船はないんだよなぁ。今思えば、アンドロメダ・アセンダントは実に美しい船だった。

「剣の腕にはちょっと自信があるんだ」と自慢するミッチェルより、「ケツの形には少々自信がある」オニールの方がやっぱり好きです (^^ゞ それよりカッコイイと思ったのはティルク。誰にも告げず、一人ルシアン同盟に乗り込んで応援を連れてくるなんてー♪♪(#^.^#) 彼のキャラはますますワタシ好みになっていく(笑)

ヴァシールの案で「こっちから先にスーパーゲイトを繋げちゃおう!」ってことになったけど、結局一足違いで失敗。巨大なアイリスを作ってくっつけるってのはダメなのかね?そうしたら、オーライの船でやって来たヴァーラも死んじゃうんだけどさ( ̄▽ ̄;

<<< 前のエピソード     次のエピソード >>>

All the images are property of their respective owners.

STARGATE SG-1 top-page

▲HOME