トゥルー・コーリング
(Tru Calling)2003〜2005

→IMDb


■番組紹介

死者の助けを求める声を聞くことができる女の子が、時間をさかのぼってその人物の命を救おうと奔走する姿を描いたミステリー・ドラマ。主演のイライザ・ドゥシュクは、制作側が彼女をイメージしてヒロイン“トゥルー”を作り上げたというほど惚れ込まれてキャスティングされた。しかし、放送時間帯が超人気コメディ『フレンズ』と重なっていたため視聴率は振るわず、シーズン2の6話目で突然の打ち切りとなってしまった。最後のエピソードは当初は放送されず、シリーズ終了から約1年後にようやく放送された。

ストーリーは1話完結で、毎回トゥルーが無念の死を迎えた者の命を救うことが基軸となっている。トゥルーの特殊能力は、死を迎えたばかりの人間の救いを求める声を聞くと、その日の朝に時間が逆戻りするというもの。いつ・どこで・誰から助けを求められるかは全く予測ができず、加えてこれ以外に特別な力はないので、トゥルーは目当ての人物を救うためには自分の記憶と機転でやり遂げなくてはならない。その為、かなり緊迫感のあるストーリーになっている。

↓↓↓ 『トゥルー・コーリング』のDVDがコンパクト・ボックスでお安くなって再登場 ↓↓↓

 

  • 主題歌:『Somebody Help Me』/Full Blown Rose
  • イライザ・ドゥシュクは、フェイスを主役とした『バフィー』のスピンオフシリーズの打診を受けたが、このシリーズをやるために断った。
  • トゥルーの役柄は当初からイライザ・ドゥシュクを念頭に置いて書かれたが、製作総指揮のジョン・ハーモン・フェルドマンは彼女が本当にこの役を引き受けるとは思っていなかった。
  • タイトルの“Tru”はヒロイン・トゥルーの名前だが、「真実(Truth)」にかけていると思われる。また“Calling”には「呼び声」の他に「天職」という意味もある。
  • FOXはシーズン1でこのシリーズを打ち切ろうと考えていたが、シーズン1の途中で視聴率が良くなったことに加え、ライバルだったNBCの『フレンズ(1994〜2004)』が最終シーズンを迎えたため、シリーズを一新して新たにチャンスを与えた。
  • シーズン2に向けてシリーズが一新された後、FOXは6話目の撮影中にエピソードのオーダーを13話から6話に引き下げた。キャストとクルーは撮影の最終日にシリーズが打ちきりになったことを知らされた。
  • 『トゥルー・コーリング』の打ち切りを決定したFOXは、新シリーズ『ポイント・プレザントの悪夢(2005)』の方がより視聴率を稼ぐだろうと期待していたが、実際には全く振るわず、わずか13話で打ち切りとなった。

■ストーリー
大学を卒業したトゥルー・デイビーズは、メディカル・スクールに入学するまでの間、モルグで深夜勤務をすることになった。そんなある日、運び込まれた1体の遺体が突然彼女に「助けて」と救いを求める。すると時間がさかのぼり、気が付くとトゥルーはその日の朝に逆戻りしていた。自分の不思議な能力に戸惑いつつも、助けを求めた人物の命を救おうと奔走するトゥルーの日々が始まった・・・。

All the images are property of their respective owners.

TRU CALLING top-page

▲HOME